価格査定書による調査

不動産の売却時には、ほとんどのケースで不動産会社に査定を依頼するはずです。このとき、不動産会社によっては価格査定書を発行してもらえます。

ここでは、価格査定書について解説していきます。

不動産鑑定評価書と価格査定書との違い

価格査定書を解説するにあたり、あわせて不動産鑑定評価書との違いについても紹介していきます。

不動産鑑定評価書とは?

不動産鑑定評価書とは、不動産の経済価値を記したものです。公示地価などの調査をする資格を持つ不動産鑑定士により発行されます。

不動産鑑定士の主な仕事は、不動産の経済的価値を判定することです。一般的に、不動産鑑定評価書の発行は有料となります。査定を依頼する不動産によって具体的な金額は異なりますが、数十万円かかると考えておくとよいでしょう。

不動産鑑定士は不動産の売買に関するプロではないため、必ずしも不動産会社の発行する価格査定書より内容が正確ということではありません。

また不動産鑑定評価書は、裁判などで公的書類として扱われるという特徴も。不動産の経済的価値について争う裁判や、価値の高い不動産の相続が絡むケースなどで利用されます。

価格査定書とは?

価格査定書とは、不動産会社に査定依頼を出したときに査定額の根拠などとあわせて提示されるものです。基本的に、不動産会社の価格査定書は無料で受け取れます。

無料とはいえ、有料の不動産鑑定評価書の内容に劣らないものが多いでしょう。不動産会社は不動産の売買に関するプロなので、場合によっては不動産鑑定評価書よりも売買できる価格に近いことも少なくありません。

価格査定書が無料である理由は、不動産の売買が、売買成立時に仲介手数料を受け取ることで成り立っているビジネスであるからです。不動産会社にとって、価格査定書は媒介契約を得るためのツールでもあります。

なお、不動産鑑定士が価格査定書を発行するケースも。不動産鑑定評価書を依頼すると高額になってしまうことから、より安価で依頼したいというニーズに対応したものです。不動産鑑定士の価格査定書は、不動産の資産価値を知りたいときなどに利用されます。

不動産鑑定士に価格査定書の発行を依頼する場合、不動産鑑定評価書ほど高価ではありませんが、有料となるケースがほとんどでしょう。

不動産会社の発行する価格査定書の特徴

ここでは、不動産会社の発行する価格査定書の特徴を解説していきます。

まず、価格査定書は必ず発行しなければならないものではありません。不動産会社によっては口頭で査定額を伝えるだけというケースもあるため、価格査定書が欲しい場合には、事前に発行を依頼しておくことをおすすめします。

価格査定書の形式に決まりはありませんが、査定額とその根拠が書かれています。

ただし、不動産会社によっては媒介契約を締結するために、根拠もなく相場より高い価格を提示するケースも。このような不動産会社との契約を避けるためには、査定額の理由を判断しなくてはなりません。

その際には、価格査定書に記載されている査定額の根拠が役に立つでしょう。

発行者 費用 主な利用用途
不動産鑑定評価書 不動産鑑定士(鑑定事務所) 有料:数十万円(不動産による) 裁判等の公的資料になる
価格査定書 不動産鑑定士(鑑定事務所) 有料:不動産鑑定評価書より安い 資産価値の把握など
不動産会社 無料 不動産の売却

今回は、不動産の価値を示す書類として、不動産鑑定評価書と価格査定書について紹介しました。

基本的に不動産売却で利用するものは、不動産会社の発行する価格査定書と考えて問題ありません。査定依頼時には、価格査定書の発行を依頼して、査定の根拠を比較する際などに役立てるようにしましょう。

※掲載内容は2021年3月時点の情報に基づく
執筆・監修/逆瀬川 勇造(宅地建物取引士)

売却する不動産の住所を選択

  • STEP1
  • STEP2
不動産売却サイトHOME4U(ホームフォーユー)と提携している不動産会社に一括査定依頼ができます。

合わせて読みたい関連記事

不動産売却のコツ

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
HOME4U