レインズについて

媒介契約の種類によっては、不動産指定流通機構、いわゆるレインズの登録義務があります。

今回は、レインズについて解説していきます。

レインズとは

レインズとは、不動産物件の情報を交換するために利用されているネットワークシステムのことです。「Real Estate Information Network System」の頭文字をとってREINS(レインズ)と呼ばれており、国土交通大臣の指定を受けた指定流通機構である公益法人によって運営されています。

レインズを運営する目的は、不動産情報の規格を標準化して各流通機構間の提携を図り、不動産会社による情報共有を促すことで、エンドユーザーに正しい情報を伝えることです。

不動産会社間で物件情報を広く交換しているため、契約の相手方を迅速に見つけられることがメリットです。不動産会社専用のインターネット検索システムなので、一般の方は閲覧できません。

レインズを利用するメリット

希望条件にあった購入者をスピーディに発見できる

多くの不動産会社がオンラインでつながっているので、売却物件を探している方が希望する物件を見つけやすくなり、契約までの時間が短縮されます。

取引事例に基づく適正な売出価格の設定が可能

レインズには大量のデータが登録されており、適正な価格の設定ができます。希望する条件で物件を検索しやすいため、売出物件を探す場合、最初に利用するシステムと言えるでしょう。

囲い込みや売り止めの抑止力になる

レインズに登録することで、囲い込みや売り止めの抑止力になります。

囲い込みとは、他社の問い合わせに対して、実際にはまだ売れていないのに「もう売れた」などの誤った情報を伝えることです。囲い込みをすると、売主側の不動産会社が売主側だけでなく、買主側としても仲介できるため、「両手仲介」による2倍の仲介手数料を受け取れます。

両手仲介自体は違法ではありませんが、囲い込みや売り止めのように、購入希望者側である不動産会社からの問い合わせに嘘の情報を伝えて断ると、売主としては機会損失につながることに

レインズでは最新の物件情報を登録する機能が備えられているため、他社は都度問い合わせずとも、売却が決まっているかを確認できます。

このように、レインズに登録することで囲い込みや売り止めを防ぐことが可能です。

上記説明をしてきましたが、レインズに登録するとさまざまなメリットを得られます。

媒介契約時には専任媒介契約や専属専任媒介契約など、レインズに登録義務のある契約形態を選ぶか、一般媒介契約でも契約時にレインズへの登録を依頼するとよいでしょう。

不動産流通機構とは

不動産流通機構とは、国土交通大臣が指定した公的組織のことです。東日本不動産流通機構(東日本レインズ)・中部圏不動産流通機構(中部レインズ)・近畿圏不動産流通機構(近畿レインズ)・西日本不動産流通機構(西日本レインズ)の4つの機構で運営されています。

この4つの機構が集約した最新の不動産市況データは、一般の方でも閲覧可能です。

4つの機構

公益財団法人
東日本不動産流通機構
北海道・東北(青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島の各県)・関東甲信越(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、東京、新潟、山梨、長野の各都県)の地域で活動。
公益社団法人
中部圏不動産流通機構
東海(静岡、愛知、岐阜、三重の各県)・北陸(石川、富山、福井の各県)
公益社団法人
近畿圏不動産流通機構
近畿(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山の各府県)
公益社団法人
西日本不動産流通機構
中国(岡山、広島、鳥取、島根、山口の各県)・四国(徳島、香川、愛媛、高知の各県)・九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島の各県)・沖縄県

※掲載内容は2021年3月時点の情報に基づく
執筆・監修/逆瀬川 勇造(宅地建物取引士)

売却する不動産の住所を選択

  • STEP1
  • STEP2
不動産売却サイトHOME4U(ホームフォーユー)と提携している不動産会社に一括査定依頼ができます。

合わせて読みたい関連記事

不動産売却のコツ

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
HOME4U