あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

大阪府 貝塚市のデータ

【貝塚市役所】所在地:貝塚市畠中1-17-1 TEL:072-423-2151 URL:https://www.city.kaizuka.lg.jp/

貝塚市は、大阪市の中心部から南に約30km、鉄道で約30分の距離に立地。関西国際空港に近接し、鉄道では南海本線・JR阪和線、道路では阪神高速道路などで周辺地域と結ばれ、大都市への通勤圏内にありながらも自然が色濃く残り、生活環境に優れた町です。おむつ交換や授乳できる車両「移動式赤ちゃんの駅」の貸出、おむつ交換や授乳できるスペース「赤ちゃんの駅」の公共施設・民間施設への設置などを行っています。貝塚市社会福祉協議会が実施する結婚相談所事業に参加して結婚した夫婦は、一定の条件を満たせば結婚祝い金5万円が支給されます。

このページでは次の項目について調べることができます

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

育児
出産祝い なし
出産祝い-備考 -
子育て関連の独自の取り組み (1)一時預かり・病児保育・ファミリーサポートセンター・任意の予防接種・家事援助サービスに利用できる「子育て応援券」を4月1日付満0・1・2歳児(保育所利用者500円×6枚、保育所を利用していない者500円×12枚)及び妊娠7ヶ月の妊婦(500円×12枚)に配布。(2)妊娠安定期と産後の2回訪問する「こんにちは赤ちゃん」事業。(3)(2)の訪問時にファミリーサーポートセンターおためし券(1時間券×3枚)をプレゼント。
乳幼児医療
乳幼児医療費助成(通院)対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児医療費助成(通院)自己負担 自己負担あり
乳幼児医療費助成(通院)自己負担-備考 医療機関ごとに、1日500円、月2日までの自己負担あり。1ヶ月の合計限度額は2,500円。
乳幼児医療費助成(通院)所得制限 所得制限なし
乳幼児医療費助成(通院)所得制限-備考 -
乳幼児医療費助成(入院)対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児医療費助成(入院)自己負担 自己負担あり
乳幼児医療費助成(入院)自己負担-備考 医療機関ごとに、1日500円、月2日までの自己負担あり。1ヶ月の合計限度額は2,500円。 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担なし。
乳幼児医療費助成(入院)所得制限 所得制限なし
乳幼児医療費助成(入院)所得制限-備考 -
幼稚園・保育園
公立保育所数 0ヶ所 693位(815市区中)
0歳児保育を実施している公立保育所 -
公立保育所定員数 - -
公立保育所在籍児童数 - -
私立保育所数 3ヶ所 576位(814市区中)
0歳児保育を実施している私立保育所 3ヶ所
私立保育所定員数 300人 559位(732市区中)
私立保育所在籍児童数 316人 529位(714市区中)
保育所入所待機児童数 0人 1位(815市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料 52,000円 701位(809市区中)
0歳児の認可保育所月額保育料-備考 -
認可外保育所に預ける保護者への補助 なし
認可外保育所に預ける保護者への補助内容 -
認定こども園数 17園 93位(815市区中)
預かり保育実施園数-公立 5園
預かり保育実施園数率-公立 100.0% 1位(412市区中)
預かり保育実施園数-私立 2園
預かり保育実施園数率-私立 100.0% 1位(559市区中)
長期休業期間中の預かり保育実施園数-公立 0園
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-公立 0.0% 224位(409市区中)
長期休業期間中の預かり保育実施園数-私立 2園
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-私立 100.0% 1位(532市区中)
小学校・中学校
公立小学校1学級当たりの平均生徒 24.2人 234位(814市区中)
公立中学校1学級当たりの平均生徒 28.5人 221位(814市区中)
学校給食 【小学校】完全給食【中学校】デリバリー形式[運搬:ランチボックス、内容:完全給食]
学校給食民間委託 一部で導入(調理・配送等※中学校)
公立中学校の学校選択制 未実施
公立小中学校の耐震化率 100.0% 1位(815市区中)

住まいの給付金

新築建設
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし
新築購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし
中古購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし
増築・改築・改修
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 (1)90万円(2)20万円
補助/助成金条件・備考等 1981年5月31日以前に建築された木造住宅(1)【木造住宅耐震改修補助金】1棟当り70万円(世帯月額所得21.4万円以下は90万円)。シェルター設置工事は1棟当り40万円(世帯月額所得21.4万円以下は60万円)。(2)【機能改善住宅リフォーム助成事業】耐震改修工事と同時に同一棟で市内事業者を利用した住宅の安全性、耐久性などのリフォーム工事の2/10(上限20万円)を助成。(3)【耐震診断助成】木造住宅の耐震診断費用の9割(上限5万、木造以外の構造2.5万円)。
その他
(都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 なし
(都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助内容 -
(市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 あり
(市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助内容 【貝塚市住宅用省エネルギー設備設置費用補助事業】(a)太陽光発電設備および定置用リチウムイオン蓄電システムを同時に設置5万円。(b)家庭用燃料電池コージェネレーション設備(エネファーム[自立運転機能付きのものに限る])2.5万円。
移住支援制度 (1)【若年世帯住宅取得補助金】貝塚市外で在住の若年世帯(40歳未満)が、貝塚市内で住宅の購入をする場合、その費用の一部を助成。最大30万円。(2)【空き家バンク住宅取得補助事業】若年世帯(40歳未満)が空き家バンク制度を活用し、築30年以上経過した住宅を取得した場合、その費用の一部を助成。最大20万円。さらに貝塚市の耐震改修助成制度を活用した場合、その費用の一部を助成。最大30万円。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。 最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

公共サービスや治安

公共料金・インフラ
ガス料金(22m3使用した場合の月額) 大阪瓦斯4938円 90位(226事業者中)
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 貝塚市2409円 147位(992事業者中)
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 貝塚市2110円 151位(810事業者中)
下水道普及率 64.3% 468位(783市区中)
安心・安全
刑法犯認知件数 782件 601位(815市区中)
刑法犯認知件数:人口1000人当たり 8.82件 763位(815市区中)
ハザード・防災マップ あり
医療
一般病院総数 5ヶ所 303位(815市区中)
一般診療所総数 58ヶ所 349位(815市区中)
小児科医師数 10人 494位(815市区中)
小児人口10000人当たり 8.76人 731位(815市区中)
産婦人科医師数 12人 192位(815市区中)
15〜49歳女性人口1万人当たり 6.73人 121位(815市区中)
介護保険料基準額(月額) 6170円 606位(815市区中)
ごみ
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 有料
家庭ごみ収集(可燃ごみ)−備考 指定ごみ袋有料。
家庭ごみの分別方式 5分別〔可燃ごみ 不燃ごみ カン・ビン プラスチック ペットボトル〕 拠点回収:廃乾電池
家庭ごみの戸別収集 一部実施
粗大ごみ収集 あり
粗大ごみ収集−備考 有料。事前申込制。3辺の合計が3mまでの場合は処理券1枚(500円)、3mを超える場合は処理券2枚(1,000円)。
生ごみ処理機助成金制度 あり
生ごみ処理機助成金額(上限) 20000円 239位(511市区中)
生ごみ処理機助成比率(上限) 50.0% 44位(509市区中)

人口などの統計情報

概要 貝塚市は、大阪市の中心部から南に約30km、鉄道で約30分の距離にあり、北は二色の浜海岸から大阪湾に面し、南は国の天然記念物ブナ林を育む和泉葛城山を有する自然豊かなまちです。また、関西国際空港に近接し、鉄道では南海線・JR阪和線、道路では阪神高速道路湾岸線・阪和自動車道の広域交通体系で周辺地域と結ばれるとともに、水間鉄道が市内の骨格を形成する公共交通としての役割を果たし、大都市への通勤圏内にありながらも自然が色濃く残り、生活環境に優れたまちです。
総面積 43.93km2 670位(815市区中)
世帯数 33355世帯 328位(815市区中)
人口総数 86276人 326位(815市区中)
年少人口率(15歳未満) 13.22% 159位(815市区中)
生産年齢人口率(15〜64歳) 60.49% 182位(815市区中)
高齢人口率(65歳以上) 26.28% 632位(815市区中)
転入者数 2934人 375位(815市区中)
転入率(人口1000人当たり) 34.01人 449位(815市区中)
転出者数 3329人 338位(815市区中)
転出率(人口1000人当たり) 38.59人 340位(815市区中)
主な祭り・行事 貝塚太鼓台祭り 貝塚だんじり祭り 東盆踊り 三夜音頭 水間寺千本搗き餅つき 三ッ松明土行念仏(チャンチャンヒキ) 脇浜戎 海幸戎 二色の浜潮干狩り 市民スポーツの日 健康まつり 公民館祭り 農業祭・ふれあい市 貝塚二色の浜ビーチ&パークラン 貝塚みずま春フェスタ
市区独自の取り組み 2011年に取得した国立千石荘病院跡地を「防災・交流エリア」・「産業・流通エリア」・「教育・福祉エリア」・「里山保全エリア」と4つのエリア分けを行い、「防災・交流エリア」については、災害時に救助・救援活動を行う防災拠点となるよう「防災広場」を整備。また、平時利用として2018年にDID区域外の立地を活かし「ドローンフィールド」として供用を開始。2020年には、ドローンフィールドの一部を天然芝生化し、西日本のクリケット拠点として、日本クリケット協会及び関西クリケット協会と連携し、ジャパンカップ関西大会の誘致をめざすとともに、市民体験会を開催することにより、クリケットの普及に取り組む。
ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)教育と子育てのまち貝塚(2)笑顔あふれる福祉のまち貝塚(3)医療の充実に取り組むまち貝塚(4)スポーツ振興のまち貝塚(5)自然や環境にやさしいまち貝塚(6)歴史、文化の薫りただようまち貝塚(7)安全、安心のまち貝塚(8)公共交通に関する事業。(9)市長におまかせ。お礼の品として、5,000円以上の寄付をした方に、水なす、たけのこ、ハム・ソーセージ詰め合わせ、温州みかん、珪藻土バスマット、泉州タオル、おせち料理など約200品から1品贈呈。
地方債現在高 27,309,557千円 403位(815市区中)
地方債現在高:1人当たり 317千円 235位(815市区中)

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

貝塚市のおすすめ新築一戸建て

貝塚市の新築一戸建て情報をもっと見る

近隣の市区のデータを見る

岸和田市泉大津市泉佐野市和泉市高石市泉南市

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元