お役立ち情報

住み替えとリフォームはどっちがいい?
子どもが独立した後の暮らし方

子どもが独立した後、夫婦だけで住むには自宅が広すぎると感じてしまうことがあります。子どもが使っていた部屋をリフォームして、老後の生活を快適なものにする方法は有効な手段です。また、コンパクトな暮らしを手に入れるために、住み替えを検討してみるのも1つの方法です。子どもが独立した後の暮らし方について解説します。

子どもが独立した後の空き部屋は活用しづらい?

子どもが社会人となり家を出ると、空き部屋が生じてしまうものです。そのまま住み続けることは可能ですが、掃除などの面で負担を感じてしまう場合もあります。老後はライフスタイルが変化してくるので、空き部屋をどう活用するかを考えておくことは重要です。

空き部屋面積があまり大きくなく、子どもが独立してからも定期的に帰省してくる場合は、そのままの状態で保っておくのも1つの方法です。一方で、リビングを広くしてより快適に暮らしたいと考える場合などは、子ども部屋の壁を取り払ってリフォームする方法があります。

元気なうちに老後のライフプランを考えて、住まいに手を加えておくことは大切です。家族で話し合う機会を設けて、空き部屋を有効に活用する方法を考えてみましょう。

リフォームで子どもが独立した後の空き部屋を上手に活用!

子どもが独立した後に、空き部屋の上手な活用方法としてリフォームがあげられます。ここでは、リフォームのメリット・デメリットを紹介します。

リフォームのメリット

子どもが使っていた部屋をリフォームするメリットとして、老後の生活を考えて介護に適した住まいに生まれ変わらせるといった点があげられます。空き部屋の壁を取り払うことで、広々とした間取りを実現できます。

実際に介護が必要になってからリフォームを行うのは大変でもあるため、健康なうちにリフォームに取り組んでおくことは大切です。リフォーム時に一定の要件を満たせば、「グリーン住宅ポイント制度」などの補助金を活用できますし、自治体によっては独自の補助金制度を設けているところもあります。

リフォームのデメリット

一方で、リフォームを行うデメリットは大掛かりなものとなれば、それなりに費用がかかってしまう点です。同様のリフォーム工事でも施工会社によって費用は異なるため、複数の会社に見積りを依頼することが大切です。

また、リフォーム後の暮らしのイメージを持っておかないと、かえって使いづらい間取りになってしまうケースもあります。

リフォームはこんな人におすすめ

子ども部屋をリフォームするのに向いている人は、空き部屋を活用して快適な暮らしを得たい人です。空き部屋を客間や納戸として利用したり、趣味のスペースとして活用したり、夫婦の寝室が1つだったものを空き部屋を活用して、それぞれが個室を持ちたいと考える人はリフォームを検討してみましょう。

また、子ども部屋の壁を取り払って、他の部屋とつなげるなど自由な使い方をしたい人にリフォームは向いています。

老後に備えて住み替えを検討する

子ども部屋の活用が特に必要ない場合は、コンパクトな暮らしを得るために住み替えを検討してみましょう。住み替えのメリット・デメリットについて紹介します。

住み替えをする前に決めておくべき2つのポイントとは

住み替えを検討するとき、まずは今住んでいる家をどうするのか決めておきましょう。売却をして、新たな住まいを得る購入資金に充てるとしても、売却までには時間がかかります。

相続のことを考えて、子どもに今の住まいを譲ろうと考える場合は、家族間で十分に話し合っておく必要があります。子どもが多い場合には、不公平感が生じないようにすることが大切です。

また、住み替え先をマンションにするか、戸建てにするかについても考えておきましょう。戸建ては自由な暮らしができる一方で、老後においては管理が大変です。自分たちで管理をする手間を省きたい場合は、マンションのほうが向いているケースもあります。

住み替えのメリット

住み替えを行うメリットは、早い段階で老後に備えた生活を得るための準備に取り組める点があげられます。子どもが独立した段階であれば、時間的な余裕が持てるのでバリアフリーを考えた暮らしを手に入れられます。

また、老後の生活を考えるならば、買物や通院などに便利な土地を選んでみましょう。住み慣れた街を離れ、新たな生活を得ることで新鮮な気持ちで老後を過ごしていけます。

住み替えを行うことで、今の暮らしや将来の生活に合わせた住まいを得られます。夫婦2人でも管理がしやすく、利便性の高い物件を選ぶことが大切です。

住み替えのデメリット

住み替えのデメリットは、リフォームの場合と比べて費用がかかる点があげられます。自宅を売却して住み替えを行う場合でも、希望通りの価格で売却できるとはかぎりません。

また、引越しの労力や住み慣れた街から離れる不安など、懸念点について家族でよく話し合っておく必要があります。

まとめ

子どもが独立した後の住まいをどのようにするか、元気なうちに考えておくことが重要です。リフォームや住替えなど、老後のライフプランに合わせて検討してみましょう。gooでは「goo of things でんきゅうAI」というサービスを取り扱っており、「離れて暮らす家族の不安を解消」「離れていても家族を見守るサービス」として活用できます。離れていても親子のつながりを大切にしつつ、快適な生活を送りましょう。

goo of things でんきゅう
gooストア「goo of things でんきゅうAI」