お役立ち情報

ペット可物件の選び方のコツとは
【賃貸・中古マンション・新築マンション】

ペットと住む物件を探すためには、チェックポイントを踏まえたうえで、暮らしのイメージを持てる部屋を見つけることが大切です。ペット可賃貸とペット共生型賃貸の違いを押さえておきましょう。この記事では、ペットと快適に暮らすためのポイントについて解説します。

  • ペット相談可能の賃貸物件
  • ペット相談可能の中古マンション
  • ペットと暮らせる新築マンション

ペット可物件の種類

賃貸物件では主に「ペット可賃貸」と「ペット共生型賃貸」があります。それぞれの特徴と違いについて紹介します。

ペット可賃貸

ペット可の賃貸物件として元々募集しているところは、不動産管理会社や大家さんが事前に定めたルール(飼育できるペットの種類・頭数など)を満たせば、ペットを飼育することが可能な物件です。一方、入居後にペット可(ペット相談可)となった物件は、不動産管理会社や大家さんに相談をしたうえで、許可をもらう物件となります。

ペット可となっている物件であっても、2匹以上の飼育はNGとしている物件もあるので、事前の問合せや相談が重要です。

ペット共生型賃貸

ペット共生型賃貸は、入居者がペットと暮らすことを前提として建てられた物件です。設計段階から飼い主とペットが快適に暮らせるように計画されており、他の入居者もペットを飼っているので、ペットの飼育に理解のある方が多いといったメリットがあります。

ペット可の物件では、他の入居者のなかにペットが苦手な人もいるので気を遣ってしまう場面もあるものです。ストレスを感じない住まいを探すならば、ペット共生型の賃貸物件を見つけてみましょう。

ペット可物件の絞り込み条件のポイント

ペット可物件を絞り込むときは、実際に生活をしたときのイメージを持つことが大切です。ペットとの暮らしに必要な施設や環境が整っているかをチェックしましょう。

まずペットが安全に散歩できるような公園が近くにあるかを確認し、交通量が多いエリアは避けたほうが無難です。夜間になると騒音が気になったり街灯りが入り込みやすかったりする場所は、ペットにとってストレスとなるので、繁華街の近くよりも閑静な住宅街を選ぶようにしましょう。

そして、ペット用品店・トリミングサロン・ペットホテル・ドッグランなどの施設が近くにあると便利です。急な病気に備えて、動物病院が近くにあると安心できます。

ペットにとって快適な環境が整っているエリアは、人気のエリアである場合もあるので家賃が少し高いと感じてしまうデメリットがあります。しかし、ペットを飼うことに理解のある人が多いエリアだと捉えれば、前向きに検討できるはずです。

すべての条件を満たすエリアを見つけるのは難しいので、優先すべき条件と妥協できる条件を整理してみましょう。複数の物件を内見して周辺環境もチェックし、生活したときのイメージと一番合っている物件を選ぶことが大切です。

ペット可物件を選定するときの注意点

ペット可物件を決めるときは、その物件の管理ルールなどをあらかじめチェックしておくことが大事です。物件によって細かなルールが異なってくるので、不明な点は担当者に尋ねてみましょう。

ペット可の物件であっても、飼うことができるペットの種類が細かく決められているところがあります。また、小型犬はOKでも大型犬はNGなど、大きさについても注意が必要です。
頭数については、2匹以上を飼うときは事前に相談しておいたほうが無難です。1匹の飼育は認めていても、2匹以上はダメな場合もあります。

分譲賃貸物件の場合は、管理組合が定めている管理規則や管理組合規則等の中にペット飼育のルールについて規定されているため、それらを確認することも大切です。

そして、管理ルールを満たしていても、他の入居者への配慮は必要です。防音対策をきちんと行うなどして、近隣とのトラブルを避けましょう。

まとめ

ペット可物件を探すときは、管理ルールをきちんと確認することが大切であり、分からないことはあらかじめ担当者に確認をしておきましょう。そのうえで、ペットと快適に暮らせるように物件だけでなく、周辺施設や環境もチェックしておくことが大切です。goo住宅・不動産では、ペット相談可物件(賃貸・中古)を紹介しているので、自分に合った住まいを見つけてみましょう。

ペット可・ペット相談の賃貸物件特集
ペット可・ペット相談の中古マンション物件特集

おすすめサイト

フォトチャンネルフォトチャンネル
◇投稿写真集◇可愛い動物たちの写真をみてみて〜♪
gooタウンページ
全国の動物病院やペットホテル等の欲しい情報を調べられる!