まめ知識

資金計画

返済能力は税込み収入より手取りで考える

金融機関は、住宅ローンの借り手の返済能力を審査するとき、前年の税込み年収を基にして行なうのが一般的。融資限度額も税込み年収を基に計算される。たとえば銀行ローンでは税込み年収が400万円以上なら、返済負担率が40%以内という具合。年収600万円の人の場合、年間返済額が240万円になる金額までは借りられることになる。しかし、税込み600万円は手取りでは500万円そこそこ。年間240万円の返済ということは、手取りの約半分がローンに消えるということだ。これはかなり無謀な資金計画である。いくら銀行が貸してくれるといっても、自分の返済能力を基に考えるべきだ。たとえば手取り収入の30%くらいなら返せるとする。手取り500万円で、年間返済額は150万円。税込み年収に対する返済負担率を逆算すると[150万円÷600万円=25%]。妥当な線だろう。このように返済能力を見るときは手取り収入を基に考えよう。
【関連用語】 住宅ローン銀行ローン返済負担率
いくら返せるか2 家計簿で考える
ボーナス頼みのローン返済計画は危険
家探し 家造り/リフォーム タウン情報 住宅保証
資金計画 ホームセキュリティ 家電/マルチメディア 家具/インテリア
引越 住まいのケアショップ その他関連