鳥取県 倉吉市の暮らしデータ

鳥取県 倉吉市(くらよしし)
市区を変更する他の市区と比較する
概要 倉吉市は、1953年に倉吉町を中心とする2町7村が合併、市制施行し誕生。その後、1955年に灘手村、2005年には関金町と合併し、現在に至っています。鳥取県の中部に位置し、面積約272km2、人口約5万人で、市内には昔ながらの土蔵や商家の町並みが保存され、白壁土蔵のまちとして知られています。
市区役所住所 倉吉市葵町722  TEL:0858-22-8111
http://www.city.kurayoshi.lg.jp/
この市区の駅
結婚育児助成金制度
出産・育児  
出産祝い あり
出産祝い-備考 第3子以降の場合、2万円(出産手当金)を支給。
子育て関連の独自の取り組み (1)若者子育て世帯買い物応援事業(2)母親・両親学級(3)マタニティサロン(4)市指定ごみ袋の無料配付(50枚)(5)特別医療費助成(0歳~18歳に達する年度末まで)(6)不妊治療費助成事業(特定不妊治療と人工授精)(7)ブックスタート(8)妊婦歯科検診(1回分)(9)不育治療費助成。
チャイルドシート助成制度 なし
チャイルドシート助成制度-備考 -
乳幼児医療  
乳幼児医療費助成(通院)対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児医療費助成(通院)自己負担 自己負担あり
乳幼児医療費助成(通院)自己負担-備考 医療機関ごとに、1回530円、月4回までの自己負担あり。調剤薬局は除く。
乳幼児医療費助成(通院)所得制限 所得制限なし
乳幼児医療費助成(通院)所得制限-備考 -
乳幼児医療費助成(入院)対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児医療費助成(入院)自己負担 自己負担あり
乳幼児医療費助成(入院)自己負担-備考 1日1,200円の自己負担あり。調剤薬局は除く。 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児医療費助成(入院)所得制限 所得制限なし
乳幼児医療費助成(入院)所得制限-備考 -
幼稚園・保育園  
公立幼稚園の入園料・保育料減免 なし
私立幼稚園入園料補助金 なし
私立幼稚園保育料補助金 なし
公立保育所数 10所
0歳児保育を実施している公立保育所 10所
公立保育所定員数 715人
公立保育所在籍児童数 560人
私立保育所数 12所
0歳児保育を実施している私立保育所 12所
私立保育所定員数 930人
私立保育所在籍児童数 882人
保育所入所待機児童数 0人
小学校・中学校  
公立小学校1学級当たりの平均生徒 15.9人
公立中学校1学級当たりの平均生徒 22.0人
学校給食 【小学校】完全給食 【中学校】完全給食
学校給食民間委託 一部で導入
公立中学校の学校選択制 一部実施(隣接校選択制)
公立小中学校の耐震化率 93.4%
住宅支援助成金制度
新築建築  
利子補給制度 なし 
補助/助成金制度 あり 
補助/助成金上限金額 100万円+α万円 
補助/助成金条件・備考等 2012年4月1日以降に転入し、転入前4年の間に連続して3年以上県外に移住していた期間があり、2012年4月1日以後に住宅の新築等を行ない、引き続き5年以上居住する意思がある方が対象。補助対象経費の5/100の補助金支給。限度額は、2人以上での移住なら100万円、単身なら50万円。15歳以下の者が同居する場合は、1人につき10万円加算。市内に本店・営業所を有する業者を使うものとする。 
新築購入  
利子補給制度 なし 
補助/助成金制度 あり 
補助/助成金上限金額 100万円+α万円 
補助/助成金条件・備考等 2012年4月1日以降に転入し、転入前4年の間に連続して3年以上県外に移住していた期間があり、2012年4月1日以後に住宅の新築等を行ない、引き続き5年以上居住する意思がある方が対象。補助対象経費の5/100の補助金支給。限度額は、2人以上での移住なら100万円、単身なら50万円。15歳以下の者が同居する場合は、1人につき10万円加算。市内に本店・営業所を有する業者を使うものとする。 
中古購入  
利子補給制度 なし 
補助/助成金制度 あり 
補助/助成金上限金額 50万円+α万円 
補助/助成金条件・備考等 2012年4月1日以降に転入し、転入前4年の間に連続して3年以上県外に移住していた期間があり、2012年4月1日以後に中古住宅の購入等を行ない、引き続き5年以上居住する意思がある方が対象。補助対象経費の5/100の補助金支給。限度額は50万円。15歳以下の者が同居する場合は、1人につき10万円加算。市内に本店・営業所を有する業者を使うものとする。 
増築・改築・改修  
利子補給制度 なし 
補助/助成金制度 あり 
補助/助成金上限金額 (1)134.8万円(2)35万円 
補助/助成金条件・備考等 (1)「耐震診断・改修設計・耐震改修」にかかる費用を補助。診断の場合、補助率2/3(上限10.8万円)。改修設計の場合、補助率2/3(上限24万円)。耐震改修工事の場合、補助率33%又は43%(上限100万円)。木造住宅無料耐震診断制度有り。(2)2012年4月1日以降に転入し、転入前4年の間に連続して3年以上県外に移住していた期間があり、2012年4月1日以後に住宅の増改築等を行ない、引き続き5年以上居住する意思がある者が対象。経費の10/100、上限35万円を補助。他要件あり。 
その他  
(都道府県)太陽光発電補助制度 なし
(市区)太陽光発電補助制度 あり
移住支援制度 あり
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
基本情報
総面積 272.06km2
世帯数 18548世帯
人口総数 48889人
年少人口率(15歳未満) 12.69%
生産年齢人口率(15〜64歳) 56.46%
高齢人口率(65歳以上) 30.85%
転入者数 1458人
転入率(人口1000人当たり) 29.82人
転出者数 1514人
転出率(人口1000人当たり) 30.97人
主な祭り・行事 倉吉春まつり 関金つつじ温泉まつり 桜ずもう 打吹まつり 関金温泉夏まつり せきがね里見まつり 関金御幸行列 長谷の観音市 アザレアのまち音楽祭 SUN-IN未来ウォーク 倉吉ばえん祭 倉吉天女音楽祭
市区独自の取り組み 倉吉市高齢者虐待防止条例 倉吉市くらしよし産業元気条例 倉吉市農林業振興・食に関する条例
ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、ひとづくり(子育て支援他)、しごとづくり(企業誘致)、まちづくり(学生シェアハウス)などに活用。特典は、1万円以上の寄付で、地域の特産品(二十世紀梨[9月上旬~9月中旬]、すいか[6月中旬~7月中旬]など)を一品贈呈。5万円以上で、鳥取和牛特上セットなど一品。10万円以上で鳥取和牛極上ステーキセットなどのほか、地域産品6品を旬の時期に隔月で贈呈。15万円以上でヘッドフォンや職人の手による地元企業のバッグ、仏像、などを贈呈。
歳入額:1人当たり 602千円
歳出額:1人当たり 582千円
地方税 5,692,606千円
地方税:1人当たり 116千円
地方債現在高 29,645,183千円
地方債現在高:1人当たり 606千円
財政力指数 0.43
実質公債費比率 13.0%
暮らし
公共料金・インフラ  
ガス料金(22m3使用した場合の月額) -
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 倉吉市2398円
倉吉市(簡易水道)2398円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 倉吉市3164円
下水道普及率 75.8%
安心・安全  
刑法犯認知件数 398件
刑法犯認知件数:1000人当たり 8.12件
ハザード・防災マップ あり
医療  
一般病院総数 8所
一般診療所総数 50所
小児科医師数 17人
 小児人口10000人当たり 27.41人
産婦人科医師数 8人
 15〜49歳女性人口1万人当たり 9.07人
介護保険料基準額(月額) 5533円
ごみ  
家庭ごみ収集 一部有料
家庭ごみ収集−備考 指定ごみ袋有料(可燃ごみ)、ステーション収集方式。
家庭ごみの分別方式 15分別〔可燃ごみ 不燃ごみ ビン類 カン類 可燃粗大ごみ 不燃粗大ごみ ペットボトル 廃食用油 新聞 雑誌 段ボール 古着 牛乳パック 発泡トレイ 小型家電〕
家庭ごみの戸別収集 未実施
粗大ごみ収集 あり
粗大ごみ収集−備考 可燃性年3回、不燃性年3回。
生ごみ処理機助成金制度 なし
生ごみ処理機助成金額(上限) -
生ごみ処理機助成比率(上限) -
※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

複数の市区のデータを比較する

鳥取県倉吉市 と他の市区データを比較できます。最大3つの市区と比較できます。

この市区の物件を探す

鳥取県倉吉市の物件を検索する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元