あなたにとっての“住みやすい街”が見つかる「暮らしデータ」

福岡県 八女市のデータ

【八女市役所】所在地:八女市本町647 TEL:0943-23-1111 URL:http://www.city.yame.fukuoka.jp/

八女市は、福岡県の南部に位置し、八女茶や電照菊やあまおう(イチゴ)など全国ブランドの農産物をはじめ、仏壇・提灯・手すき和紙、石灯ろうなどの伝統工芸品の産地です。2010年2月に黒木町・立花町・矢部村・星野村と合併し、平野部から山間部までの豊かな自然を有する市となりました。これらの観光資源と古くから人々の暮らしや文化に根付いているお茶文化のおもてなしの心を生かしながら、観光交流促進を推進しています。

このページでは次の項目について調べることができます

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

育児
出産祝い あり
出産祝い-備考 【やめっ子夢祝金】出産児1人目5万円、2人目8万円、3人目10万円を祝金として支給。支給要件として、父または母が出産の日まで引き続き3ヶ月以上住所を有すること。
子育て関連の独自の取り組み (1)やめっ子夢祝金(2)八女UIターン子ども応援手当(転入した中学生までの子どもに当り3万円支給)(3)病児・病後児保育事業負担金軽減(4)八女市子ども夢基金(5)八女市パパママ子育て応援ショップ事業(6)ファミリー・サポート・センター事業利用負担金への軽減(7)小・中学校入学祝金支給事業(小学校3万円、中学校5万円)。
チャイルドシート助成制度 あり
チャイルドシート助成制度-備考 無料貸出し
交通安全協会会員は半年間(ただし、クリーニング代1,050円)。それ以外の会員は、1ヶ月間。
乳幼児医療
乳幼児医療費助成(通院)対象年齢 小学校就学前まで
乳幼児医療費助成(通院)自己負担 自己負担なし
乳幼児医療費助成(通院)自己負担-備考 -
乳幼児医療費助成(通院)所得制限 所得制限なし
乳幼児医療費助成(通院)所得制限-備考 -
乳幼児医療費助成(入院)対象年齢 中学校卒業まで
乳幼児医療費助成(入院)自己負担 自己負担なし
乳幼児医療費助成(入院)自己負担-備考 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
乳幼児医療費助成(入院)所得制限 所得制限なし
乳幼児医療費助成(入院)所得制限-備考 -
幼稚園・保育園
公立幼稚園の入園料・保育料減免 なし
私立幼稚園入園料補助金 なし
私立幼稚園保育料補助金 なし
公立保育所数 3所
0歳児保育を実施している公立保育所 3所
公立保育所定員数 310人
公立保育所在籍児童数 343人
私立保育所数 16所
0歳児保育を実施している私立保育所 16所
私立保育所定員数 1170人
私立保育所在籍児童数 1189人
保育所入所待機児童数 0人
小学校・中学校
公立小学校1学級当たりの平均生徒 20.7人
公立中学校1学級当たりの平均生徒 21.8人
学校給食 21.8人
学校給食民間委託 一部で導入
公立中学校の学校選択制 実施
公立小中学校の耐震化率 100.0%

住まいの給付金

新築建設
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 80万円
補助/助成金条件・備考等 床面積が50m2以上であり、八女材の使用が木材使用量の概ね80%以上木造軸組工法で、申請者が八女市内の方は、50万円、八女市外からの転入者は80万円を補助。
新築購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 499.2万円
補助/助成金条件・備考等 (1)80万円(2)75万円
中古購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 40万円
補助/助成金条件・備考等 【中古住宅取得支援補助金】2016年1月2日以降、市内に居住する中古住宅を購入した人に対し、購入に要する経費の5%(上限10万円)を支給。また、転入世帯には20万円、新婚又は子育て世帯には10万円を一時金として支給。
増築・改築・改修
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
補助/助成金上限金額 10万円
補助/助成金条件・備考等 市内居住者が市内の施工業者により改修する場合が対象。改修工事費(10万円以上)の1割(上限10万円)を補助。
その他
(都道府県)太陽光発電補助制度 なし
(市区)太陽光発電補助制度 あり
移住支援制度 【空き家バンク制度】市内に存在する空き家の売買・賃貸情報を提供。定住や二地域居住などで空き家の利用を希望する人に情報提供を行う。【空き家改修費補助金制度】空き家バンクに登録された空き家の改修の際に、市内の施工業者が行う工事費が10万円以上(消費税別)のもので、申込み年度内に(3月末9に終わる改修工事費び一部を補助するもの。改修工事費用(消費税別)の1/2以内、上限30万円)
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(2016年4月1日以降に婚姻した夫婦[夫婦どちらかが40歳未満であること。初婚・再婚問わず]に対して、結婚に伴う新たな住居の取得、賃貸、引越に係る費用を上限18万円支給する[所得制限あり])

公共サービスや治安

公共料金・インフラ
ガス料金(22m3使用した場合の月額) 西日本ガス6090円
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 八女市4510円
八女市(星野 簡易水道)4170円
八女市(黒木 簡易水道)3210円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 八女市3855円
下水道普及率 16.2%
安心・安全
刑法犯認知件数 777件
刑法犯認知件数:人口1000人当たり 12.06件
ハザード・防災マップ あり
医療
一般病院総数 7所
一般診療所総数 7所
小児科医師数 18人
小児人口10000人当たり 23.19人
産婦人科医師数 7人
15〜49歳女性人口1万人当たり 6.05人
介護保険料基準額(月額) 5200円
ごみ
家庭ごみ収集 一部有料
家庭ごみ収集−備考 指定ごみ袋有料(可燃ごみ)、不燃ごみは無料。
家庭ごみの分別方式 5分別19種〔不燃性資源ごみ(缶類、びん類、廃乾電池、廃蛍光管、使用済みスプレー缶、小金属類、小型廃家電) 可燃性資源ごみ(ペットボトル、ペットボトルキャップ、紙パック、古布、白色トレイ、有色トレイ、新聞紙、ダンボール、その他の紙類) 可燃ごみ 不燃ごみ 粗大ごみ〕
家庭ごみの戸別収集 一部実施
粗大ごみ収集 あり
粗大ごみ収集−備考 粗大ごみシール(戸別収集)。シール1枚500円。
生ごみ処理機助成金制度 あり
生ごみ処理機助成金額(上限) 15000円
生ごみ処理機助成比率(上限) 50.0%

人口などの統計情報

総面積 482.44km2
世帯数 22109世帯
人口総数 66249人
年少人口率(15歳未満) 11.72%
生産年齢人口率(15〜64歳) 55.89%
高齢人口率(65歳以上) 32.4%
転入者数 2397人
転入率(人口1000人当たり) 36.18人
転出者数 2897人
転出率(人口1000人当たり) 43.73人
主な祭り・行事 矢部川物語花火大会 八女福島の燈籠人形 八女白壁ギャラリーめぐり 八女の祭り「あかりとちゃっぽんぽん」 雛の里・八女ぼんぼりまつり ホタルと銘茶まつり 八女上陽まつり 万燈流し わらべまつり 童男山ふすべ 柳島の十七夜 祇園まつり 星のふるさと冬まつり 夢たちばな観梅会 世界愛樹祭コンクール 本田仁○加 桜まつり健康マラソン 男ノ子焼の里れんげまつり 黒木大藤まつり シャクナゲ祭り 献茶祭 八女茶山唄日本一大会 黒木納涼花火大会 五條家御旗祭 風流はんや舞 大杣公園祭 星のまつり 旭座人形芝居公演 など
市区独自の取り組み 八女市ふるさと支援寄付基金(八女市の維持・発展を願う人々の寄付金を基金に積立て、地場産品発掘・ブランド化事業、教育・少子化対策事業等に使用する) 市民との協働によるまちづくり提案事業 緑のカーテン 八女材を使った新築住宅に30万円を助成する 八女市予約型乗合タクシー(予約があった時に予約があった区間だけを運行し、利用者が複数で利用するタクシー※同一エリア内であれば1回の乗車につき300円) 八女ICパークアンドライド事業(高速インターバス停に専用駐車場を整備、1日、100円で駐車場を利用できる)
ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)地場産品発掘、ブランド化事業(2)未来を担う子どもの教育及び少子化対策事業(3)観光振興・交通事業(4)環境保全事業(5)その他市長が必要と認める特定の事業。特典は、1万円以上寄付した者に記念品贈呈。
歳入額:1人当たり 595千円
歳出額:1人当たり 563千円
地方税 6,662,986千円
地方税:1人当たり 101千円
地方債現在高 28,118,163千円
地方債現在高:1人当たり 424千円
財政力指数 0.38
実質公債費比率 8.6%

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

近隣の市区のデータを見る

久留米市筑後市みやま市

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

選択した市区を比較する
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved
提供元