まめ知識

資金計画

貯めるならどっち? 固定金利と変動金利

お金を預けたときの金利のつき方は、「固定」か「変動」か商品ごとに決まっている。固定金利は、預け入れるときに提示される金利が満期まで適用され、途中で変更されることはない。ゆうちょ銀行の定額貯金や銀行のスーパー定期などが代表的な商品だ。一方、変動金利は3カ月ごと、1年ごとなど決まったサイクルで、適用される金利が市場の情勢に合わせて変動する。ゆうちょ銀行の通常貯金、銀行の普通預金や変動金利型定期預金が代表的。また証券会社のMRFやMMFなども変動金利型と分類される。市場の金利情勢次第で有利な金利は変わり、一般的に高金利局面および金利が下降していく局面では固定金利が有利。たとえば高金利局面で預けた定額貯金は、市場金利がどんどん下降したとしても、高金利のまま満期を迎え、当初の約束どおりの利息がつく。逆に低金利局面および金利が上昇していく局面では、市場金利にあわせて金利が上昇する変動金利が有利となる。
【関連用語】 定額貯金ニュー定期スーパー定期MMFMRF
土地利用や植生から地盤の善し悪しを見る
単利と複利。どっちが有利?
家探し 家造り/リフォーム タウン情報 住宅保証
資金計画 ホームセキュリティ 家電/マルチメディア 家具/インテリア
引越 住まいのケアショップ その他関連