まめ知識

家探し

売買契約の直前チェックポイント

購入申し込みが終わると、早ければ1週間から10日程度で売買契約になる。売買契約書に署名してハンコを押してしまうと簡単には後戻りはできない。一方的に契約を解除する場合は手付金を放棄しなければならない。それだけに契約をする前に本当に購入してもいいかどうかを改めて検討することが大切だ。まず資金計画に問題がないかを再確認。そして、契約内容を事前にチェックするための重要事項説明書を貰うこと。法律では契約前に重要事項説明をすると決めているだけで、時期までは指定していない。しかし、契約の当日になっていきなり説明されても理解できないだろう。せめて3日から1週間前には重要事項説明書を手に入れて内容をよく読んでおき、疑問点や不明な点について納得できるまで説明してもらうこと。地盤の善し悪しや基本性能など、本来重要な点でありながら重要事項説明書には記載されていない項目も多い。気になる点をもれなく調べよう。
【関連用語】 売買契約宅地建物取引主任者重要事項説明
頭金不足を補うテクニック2 親からの援助
重説のポイント1 取引の態様
家探し 家造り/リフォーム タウン情報 住宅保証
資金計画 ホームセキュリティ 家電/マルチメディア 家具/インテリア
引越 住まいのケアショップ その他関連