まめ知識

家探し 住宅保証

性能表示と性能保証は似て非なるもの

品確法に基づく住宅性能表示制度が2000年10月からスタートした。耐震性や耐久性、断熱性、遮音性などの住宅の基本性能9項目について3から5段階のランクに分けて、性能を表示する制度だ。この「性能表示」と「性能保証」を勘違いしている人がいるので注意が必要。「性能表示」は、あくまでも新築時点で所定の性能があることを評価・認定するもので、引き渡し後にずっとその性能が維持されることを保証するものではない。これに対して「性能保証」のほうは、文字通り品質・性能を保証する制度。こちらは法律に基づいたものではなく、購入者や販売会社などが任意に加入するもの。骨組など構造上重要な部分については10年間の長期保証になっている。(財)住宅保証機構をはじめとする性能評価機関が行なう。ハウスメーカー系の業界団体でも同様な長期保証制度を設けている。いずれも品確法の瑕疵担保責任の特例(10年保証制度)に基づいている。
【関連用語】 品確法住宅性能表示制度指定住宅性能評価機関10年保証制度住宅性能保証制度
マンションか一戸建てか
アフターサービスと瑕疵担保責任の違い
家探し 家造り/リフォーム タウン情報 住宅保証
資金計画 ホームセキュリティ 家電/マルチメディア 家具/インテリア
引越 住まいのケアショップ その他関連