まめ知識

家探し 家造り/リフォーム

キッチンの使い勝手を左右するレイアウト

 キッチンの「レイアウト」とは、シンク、コンロなどの設備機器をどう並べるか、ということ。レイアウトのタイプは、壁との関連(ウォール型、ペニンシュラ型、アイランド型)と、作業台の形状(I列型、2列型、L字型、U字型)の2つの視点から分類される。レイアウトは、キッチンの広さ、ダイニングとのつながりと同時に考えなくてはならない。たとえば、セミオープンの対面キッチンにはペニンシュラやアイランドが向くし、あまり狭いスペースでL字型、U字型にすると、かえってデッドスペースが増えて使いづらいキッチンになってしまう。また、設備機器を並べる順番と、その間隔も大切なポイント。食材を取り出し、洗って、切って、加熱調理する、という作業の流れに沿って機器を配列。その間を動き回っても疲れない距離(ワークトライアングル)に収めるようにしたいし、まな板を置いたり盛り付けするためのスペースも残しておかなくてはならない。
【関連用語】 対面キッチン独立型キッチンオープンキッチンワークトライアングルL字型キッチン
建物と同時に考えたいエクステリアプラン
キッチンプランの第一歩はDとLとの関係
家探し 家造り/リフォーム タウン情報 住宅保証
資金計画 ホームセキュリティ 家電/マルチメディア 家具/インテリア
引越 住まいのケアショップ その他関連