まめ知識

家具/インテリア

機能と演出で選ぶウインドウトリートメント

「窓回りの演出=ウィンドウトリートメント」は、部屋の印象を決める、インテリアの大きなポイント。遮光、吸音、遮熱などの機能性も求められる。おなじみのカーテンやブラインドをはじめ、ローマンシェード、ロールスクリーンなどがあり、さらにその開閉方法やデザインによって数種に分類される。一般によく用いられるカーテンも、生地の色や柄だけではなく、素材や仕立て方、吊り方のスタイルによって表情はさまざま。カーテンボックスやカーテンレールも演出の重要なポイントなので、設計時・購入時にどうなっているかチェックしておきたい。ハウスメーカーの注文住宅でもマンションなどでも、レールを表に見せないカーテンボックスはオプションになっているケースが多いからだ。また、一戸建てでは窓の数も種類も多く、ウィンドウトリートメントにかなりの費用がかかる。一軒分を合計すると数百万円に及ぶこともあるので、あらかじめ予算に見込んでおこう。
【関連用語】 カーテンブラインドローマンシェードロールスクリーンオプション
「本体価格」だけでは家は建たない!
建物と同時に考えたいエクステリアプラン
家探し 家造り/リフォーム タウン情報 住宅保証
資金計画 ホームセキュリティ 家電/マルチメディア 家具/インテリア
引越 住まいのケアショップ その他関連