住まいのニュース

2022年8月16日

入居審査デジタル化サービスで無料提供キャンペーン IRIS

 IRIS(アイリス、広島県広島市)は、入居者審査業務の電子化を支援するため、「デジタル推進キャンペーン」を始める。期間は23年7月末まで。同社の入居審査システム「スマートレイティング」を一定条件の下に無料で提供する(サービスイメージ図)。入居申込者の契約リスクなどの可視化を体験してもらう。日本賃貸住宅管理協会東京都支部会員向けを初弾として、関東エリアから順次に全国へ展開していく。

 同システム上で反社会勢力情報などと照合し、入居希望者との契約リスクをデジタル技術で可視化する。ウェブシステムからでも、紙の申込書でも、数分から数十分程度で、与信審査結果を表示する。問い合わせ先は同社、電話03(6717)4372まで。
[ 2022年08月16日]
2022年8月16日の他のニュースを見る
日管協、賃貸管理士試験5問免除講習を開催
アットホーム調べ、小規模オフィス賃料ボックス圏推移
タイ・バンコクの開発初弾311戸が竣工、住友林業
自宅省エネリフォーム半数近くが「実施したい」、LIXIL住研調べ
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 Jutaku-s.com