尾花沢市の住宅・不動産情報

尾花沢市の暮らしデータ(子育てや助成金)

住まいの給付金(助成金・補助金)
新築建設 利子補給制度 あり
上限金額 (利子補給対象限度額)200万円
備考
労働金庫から住宅建設資金を借り受け、住宅面積280m2以下、もしくは宅地面積が450m2以下の宅地購入、また、前年収入金額が670万円以内(所得者2人以上の場合は年収1,000万円以内の者が対象)。
新築建設 補助/助成金制度 あり
上限金額 350万円
備考
【尾花沢市ふるさと暮らし応援事業】市内に住宅を新築した場合、建築費用の10%以内で上限100万円を助成。子育て世帯等の場合は20万円、市内建築業者と契約した場合は30万円、市内の家屋を解体し、新たに建築(建て替え)する場合は50万円を加算する(最大200万円)。市内在住者が新築に伴い宅地を取得した場合、宅地取得費用の10%、上限50万円を加算。市外から転入した子育て世帯等が新築に伴い宅地を取得した場合、取得費用の20%、上限150万円を加算。
新築購入 利子補給制度 なし
新築購入 補助/助成金制度 あり
上限金額 200万円
備考
【尾花沢市ふるさと暮らし応援事業】市内の新築住宅を購入した場合、購入価格の10%以内で上限100万円を助成。子育て世帯等の場合は20万円、市内建築業者と契約した場合は30万円、市内の家屋を解体し、新たに建築する(建て替え)場合は50万円を加算する。
中古購入 利子補給制度 なし
中古購入 補助/助成金制度 あり
上限金額 200万円
備考
【尾花沢市ふるさと暮らし応援事業】市内に空き家を購入した場合、購入価格の10%以内で上限100万円を助成。また、市外から転入し、子育て世帯等の場合は、20%以内で上限200万円を助成。
増築・改築・改修 利子補給制度 なし
増築・改築・改修 補助/助成金制度 あり
上限金額 (2)100万円(3)45万円
備考
(1)【木造住宅耐震診断士派遣事業】2000年5月31日以前に建築された2階以下の木造住宅で、自らが所有し、居住するものを対象とし、無償で耐震診断士を派遣する(ただし、構造図等必要図面がない場合は別途請求)。(2)【木造耐震改修助成】尾花沢市木造住宅耐震診断士派遣事業による耐震診断を受診し、補強等が必要とされた木造住宅を対象とし、耐震改修工事に要した費用の50%(上限100万円)を助成。(3)【住宅リフォーム助成】自らが所有し、居住する住宅または居住予定の空き家のリフォーム等工事が対象とし、最大45万円を助成する。
出産・子育て
子育て関連の独自の取り組み (1)市内在住の満2歳に満たない乳幼児(保育所等への入所者を除く)に対し月額1万円の商品券を支給する。(2)18歳までの子どもを持つ世帯で、保育園などに通園させている2人目以降の保育料を減額もしくは免除。また、同時入所の2人目の保育料を免除。また、市内公共施設を市内の子どもが利用する場合、使用料無料とする。(3)18歳までの子どもの医療費無料。(4)学校給食を半額助成。(5)路線バス使用料を18歳まで無料。
出産祝い あり
備考
少子化対策を図るため、祝品の引換券と現金10万円を贈呈。祝品は写真撮影券、手型・足型作成券、名前刺繍入りタオルセットの中から一つ贈呈(いずれも5,000円相当)。幼児向け絵本のセットとスタイと体温計も贈呈している。
公立保育所数 4ヶ所
0歳保育を実施 4ヶ所
私立保育所数 2ヶ所
0歳保育を実施 2ヶ所
保育所入所待機児童数 0人
認定こども園数 1園
預かり保育実施園数-公立 -
預かり保育実施園数-私立 -
学校給食 【小学校】完全給食【中学校】完全給食
公立中学校の学校選択制 未実施
乳幼児医療費助成(通院)対象年齢 18歳3月末まで
乳幼児医療費助成(入院)対象年齢 18歳3月末まで
  1. goo住宅・不動産
  2. 山形県
  3. 尾花沢市の住宅・不動産情報
  • ☆GPS端末で転居後の見守り 新しい街での不安を解消 【goo of things いまここ】初月費用無料! ☆離れて暮らす家族を1日約20円で見守り 【goo of things でんきゅう】初月費用無料!