秋田県北秋田市(きたあきたし)の暮らしデータ

町の特徴

北秋田市は、秋田県北部中央に位置し、人口約3.2万人、面積1,152.76km2は秋田県全体の約1割を占めています。その広大な面積の中に、花の百名山と名高い森吉山、世界一の大きさを誇る綴子大太鼓、熊の狩猟で知られる阿仁マタギ文化、史跡伊勢堂岱遺跡、首都圏と北東北を結ぶ大館能代空港やローカル鉄道の秋田内陸線など、自然・観光・文化・交通のあらゆる地域資源がそれぞれに融合し世界に誇る魅力が詰まった都市です。

市区役所住所

北秋田市花園町19-1
TEL:0186-62-1111

北秋田市のホームページ

この市区の駅

前山、 糠沢、 鷹ノ巣、 西鷹巣、 縄文小ヶ田、 大野台、 合川、 上杉、 米内沢、 桂瀬、 阿仁前田温泉、 前田南、 小渕、 阿仁合、 荒瀬、 萱草、 笑内、 岩野目、 比立内、 奥阿仁、 阿仁マタギ、 鷹巣

暮らしデータ

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・子育て
出産祝い あり
備考
(1)子を出産する方に5.5万円分の祝品を贈呈。(2021年4月1日以降に子が第1子が生まれ、かつその子が出生した日の6ヶ月前から北秋田市に住所を持つ)。(2)第1子1.5万円のクーポン券を交付(2021年4月2日以降に第1子が生まれ、かつ養育している)。(3)第2子1.5万円のクーポン券を交付(2019年4月2日以降に第2子以降の子が生まれ、かつその子を含む2人以上の子を養育している)。(4)第3子1.5万円のクーポン券を交付(2018年4月2日以降に第3子以降の子が生まれ、かつその子を含む3人以上の子を養育している)。
子育て関連の独自の取り組み (1)ひとり親家庭就学祝い金。(2)第2子1.5万円のクーポン交付。(3)リユース事業。(4)第1子1.5万円のクーポン交付。(5)子を出産する方に5.5万円分の祝品を贈呈。
乳幼児医療費助成
(通院)対象年齢 18歳3月末まで
(通院)自己負担 自己負担あり
備考
中学校卒業後から18歳3月末までは、医療機関・調剤薬局ごと(レセプトごと)に月500円の自己負担あり。中学校卒業までは、自己負担なし。
(通院)所得制限 所得制限なし
備考
-
(入院)対象年齢 18歳3月末まで
(入院)自己負担 自己負担あり
備考
中学校卒業後から18歳3月までは、医療機関ごとに月500円の自己負担あり。中学校卒業までは、自己負担なし。 入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
(入院)所得制限 所得制限なし
備考
-
幼稚園・保育園
公立保育所数 4ヶ所
0歳保育を実施 4ヶ所
公立保育所定員数 296人
公立保育所在籍児童数 109人
私立保育所数 6ヶ所
0歳保育を実施 6ヶ所
私立保育所定員数 470人
私立保育所在籍児童数 434人
保育所入所待機児童数 0人
0歳児の認可保育所月額保育料 34,000円
備考
-
認可外保育所に預ける保護者への補助 あり
内容
秋田県で実施しているすこやか子育て支援事業により、保護者の所得、世帯状況(一般世帯・ひとり親世帯)等に応じて、利用料の1/2ないし1/4を助成する(助成割合は県1/2、市1/2)。
認定こども園数 1園
預かり保育実施園数-公立 -
預かり保育実施園数率-公立 -
預かり保育実施園数-私立 -
預かり保育実施園数率-私立 -
長期休業期間中の預かり保育実施園数-公立 -
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-公立 -
長期休業期間中の預かり保育実施園数-私立 -
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-私立 -
小学校・中学校
公立小学校1学級当たりの平均生徒 14.3人
公立中学校1学級当たりの平均生徒 19.4人
学校給食 【小学校】完全給食【中学校】完全給食
学校給食民間委託 一部で導入([鷹巣地区]配達業務の一部、炊飯)
公立中学校の学校選択制 未実施
公立小中学校の耐震化率 100.0%

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建設
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
上限金額 130万円
備考
【北秋田市移住者住宅支援事業】北秋田市へ市外から転入をし、定住用住宅の新築住宅を取得した場合、助成金を交付する(市内業者が建築するものに限る)。助成額は一般世帯の場合、住宅所得費の2/10、上限65万円、子育て世帯の場合、住宅所得費の4/10、上限130万円。
新築購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
上限金額 130万円
備考
【北秋田市移住者住宅支援事業】北秋田市へ市外から転入をし、定住用住宅の建売住宅を取得した場合、助成金を交付する(市内業者が建築するものに限る)。助成額は一般世帯の場合、住宅所得費の2/10、上限65万円、子育て世帯の場合、住宅所得費の4/10、上限130万円。
中古購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
上限金額 130万円
備考
【北秋田市移住者住宅支援事業】北秋田市へ市外から転入をし、定住用住宅の中古住宅を取得した場合、助成金を交付する。助成額は一般世帯の場合、住宅所得費の2/10、上限65万円、子育て世帯の場合、住宅所得費の4/10、上限130万円。
増築・改築・改修
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
上限金額 (1)70万円(2)62万円
備考
(1)【北秋田市住宅リフォーム支援事業】(a)住宅リフォーム・増改築工事は、補助対象となる工事費の10%(限度額10万円)。(b)18歳以下の子供が2人以上同居している世帯が行う工事は、補助対象となる工事費の15%(限度額30万円)。(c)空き家を購入した世帯が行う工事は、補助対象となる工事費の20%(限度額40万円)。(a)~(c)まで、移住者が行う場合、補助対象となる工事費の15%(限度額30万円)を加算。(2)【北秋田市木造住宅耐震補助事業】耐震診断は診断士派遣費12万を市負担。耐震改修計画は補助率9/10、上限20万円。耐震改修は補助率1/2、上限30万円。1981年5月31日以前の木造住宅で耐震診断後に耐震改修を行う場合。
その他
(都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 あり
内容
【令和3年度住宅リフォーム推進事業】持ち家の断熱性能の向上に寄与するリフォーム支援。補助対象工事費の10%、上限8万円を補助。
(市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 なし
内容
-
移住支援制度 (1)【移住者住宅支援事業】住宅取得費の一部を助成。(2)【住宅リフォーム支援事業】住宅改修費の一部を助成。(3)【奨学金返還支援事業】市に居住し就労する奨学金返還中の45歳未満の方に対し奨学金返還額の一部を助成。(4)【移住者住まい応援助成事業】移住にかかる引越しや冬の暮らしに必要な備品購入費、運転免許取得費など最大20万円を助成。(5)【移住体験事業】体験にかかる交通費や滞在費など最大5万円を助成。(6)【移住者融資資金利子補給費補助事業】市内金融機関の移住者向け融資商品を借入した方に対し利子全額を補助。(7)【フレッシャーズ応援事業】中・高・大学、専門学校等を卒業後、市に居住し就労するフレッシャーズに対し最大15万円の応援金を交付。
新婚世帯向け家賃補助制度 なし
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。 最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

公共サービスや治安

公共料金・インフラ
ガス料金(22m3使用した場合の月額) -
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 北秋田市2560円
北秋田市(簡易水道)4135円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 北秋田市2970円
下水道普及率 53.2%
安心・安全
刑法犯認知件数 60件
人口1000人当たり 1.99件
ハザード・防災マップ あり
医療
一般病院総数 1ヶ所
一般診療所総数 29ヶ所
小児科医師数 29ヶ所
小児人口10000人当たり
12.41人
産婦人科医師数 2人
15~49歳女性人口1万人当たり
5.08人
介護保険料基準額(月額) 6460円
ごみ
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 無料
備考
-
家庭ごみの分別方式 3分別14種〔燃やせるごみ 燃やせないごみ(金属類、危険物) 資源ごみ(缶、びん[無色のびん、茶色のびん、その他の色のびん]、紙[紙パック、新聞紙・チラシ、雑誌類・菓子箱等、ダンボール]、ペットボトル、白色トレイ、プラスチック製容器包装)〕 拠点回収:小型家電
家庭ごみの戸別収集 未実施
粗大ごみ収集 なし
備考
処分場へ自己搬入。
生ごみ処理機助成金制度 なし
上限金額 -
上限比率 -

人口などの統計情報

概要 北秋田市は、秋田県北部中央に位置し、人口約3.2万人、面積1,152.76km2は秋田県全体の約1割を占めています。その広大な面積の中に、花の百名山と名高い森吉山、世界一の大きさを誇る綴子大太鼓、熊の狩猟で知られる阿仁マタギ文化、史跡伊勢堂岱遺跡、首都圏と北東北を結ぶ大館能代空港やローカル鉄道の秋田内陸線など、自然・観光・文化・交通のあらゆる地域資源がそれぞれに融合し世界に誇る魅力が詰まった都市です。
総面積 1152.76km2
世帯数 11727世帯
人口総数 30864人
年少人口率(15歳未満) 7.83%
生産年齢人口率(15~64歳) 48.02%
高齢人口率(65歳以上) 44.15%
転入者数 525人
転入率(人口1000人当たり)
17.01人
転出者数 525人
転出率(人口1000人当たり)
20.87人
主な祭り・行事 花の百名山森吉山紀行 米代川花火大会 綴子神社例大祭 森吉山麓たなばた火まつり 合川まと火 根子番楽 たかのす太鼓まつり 森吉山紅葉観賞 森吉山樹氷観賞 阿仁花火大会と灯篭流し ふるさと踊りと餅っこまつり もちっこ市 葛黒火まつりかまくら 北秋田市産業祭
市区独自の取り組み 阿仁マタギ特区(2005年3月28日に認定され、「どぶろく」の製造・販売が可能となった。2013年11月29日に「どぶろく特区」の区域が北秋田市内全域に拡大され、観光振興を目的としている。2018年3月20日に阿仁打当にどぶろく工房が新設)
ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)豊かな自然環境に育まれるふるさとづくり事業(2)活気あふれるふるさとづくり事業(3)ふれあいとぬくもりのふるさとづくり事業(4)市長が必要と認める事業。5,000円以上の寄付者へのお礼の品は、地元特産品や工芸品、イベント参加券、温泉宿泊券、市広報誌などから選択可能。
地方債現在高 26,206,807千円
1人当たり 849千円

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com

お役立ち情報