秋田県湯沢市(ゆざわし)の暮らしデータ

町の特徴

湯沢市は、山形県、宮城県に隣接する秋田県の南東部に位置する、南の玄関口です。県境付近の西栗駒一帯は、雄大な自然林を有しているほか、豊富な温泉群にも恵まれています。独自に「湯沢市若者や女性が輝くまちづくり推進条例」を制定。ふるさと納税の使い道も「にぎわいのまちづくり事業」など5つありますが、活気あるまちづくりに主眼が置かれています。移住支援として、湯沢市空き家バンクに登録された空き家の改修に係る経費について、最大100万円が助成されます。子育て面では、ライフインベントサポートブックの配布や、ブックスタート、ママと天使の交流会など、手厚いサポートが期待できます。

市区役所住所

湯沢市佐竹町1-1
TEL:0183-73-2111

湯沢市のホームページ

この市区の駅

院内、 横堀、 三関、 上湯沢、 湯沢、 下湯沢

暮らしデータ

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・子育て
出産祝い あり
備考
市内取扱店で利用できる3万円分の子育てクーポン券を贈呈。
子育て関連の独自の取り組み (1)ライフイベントサポートブックの配布。(2)ブックスタート。(3)ママと天使の交流会。(4)子育てシェアリング事業。(5)みんなで子育て街の保育園事業。(6)出会い・子育てわくわくフェスタ。(7)子育て資金借入の償還に係る経費(利子)の一部を助成。(8)療育事業(各療育教室と発達障がい支援者研修会)。(9)子育て教育支援事業(命の大切さ)。(10)幼児教育研究会「親子でギュッ」。(11)湯沢市子育て応援フェイスブック。(12)子育てクーポン券。(13)第3子以上の子育て家族に係る育児費用助成金。
乳幼児医療費助成
(通院)対象年齢 中学校卒業まで
(通院)自己負担 自己負担なし
備考
-
(通院)所得制限 所得制限あり
備考
扶養親族等の数が0人の場合、所得制限限度額は460万円。以降1人増えるごとに38万円を加算した額。扶養親族の年齢による加算もある。
(入院)対象年齢 中学校卒業まで
(入院)自己負担 自己負担なし
備考
入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
(入院)所得制限 所得制限なし
備考
-
幼稚園・保育園
公立保育所数 0ヶ所
0歳保育を実施 -
公立保育所定員数 -
公立保育所在籍児童数 -
私立保育所数 6ヶ所
0歳保育を実施 6ヶ所
私立保育所定員数 430人
私立保育所在籍児童数 397人
保育所入所待機児童数 0人
0歳児の認可保育所月額保育料 48,000円
備考
-
認可外保育所に預ける保護者への補助 あり
内容
住民税の世帯合計額・対象保育所に預けている人数に応じて、保育料月額の1/4、1/2、10/10を助成。※秋田県が行っている事業に対する、湯沢市独自の拡充分。秋田県では、2016年4月2日以降に第3子以降が生まれた場合、第2子以降の保育料を全額助成(無料)しているが、助成対象となる所得制限を湯沢市では独自で撤廃。
認定こども園数 7園
預かり保育実施園数-公立 -
預かり保育実施園数率-公立 -
預かり保育実施園数-私立 -
預かり保育実施園数率-私立 -
長期休業期間中の預かり保育実施園数-公立 -
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-公立 -
長期休業期間中の預かり保育実施園数-私立 -
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-私立 -
小学校・中学校
公立小学校1学級当たりの平均生徒 16.8人
公立中学校1学級当たりの平均生徒 21.9人
学校給食 【小学校】完全給食【中学校】完全給食
学校給食民間委託 なし
公立中学校の学校選択制 未実施
公立小中学校の耐震化率 100.0%

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建設
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
上限金額 24万円
備考
【結婚生活スタート応援事業】2019年1月1日以降に婚姻された方で、年齢が34歳以下であること等の条件を満たす方に、住宅取得費用を24万円を上限に助成。
新築購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
上限金額 24万円
備考
【結婚生活スタート応援事業】2019年1月1日以降に婚姻された方で、年齢が34歳以下であること等の条件を満たす方に、住宅取得費用を24万円を上限に助成。
中古購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
上限金額 24万円
備考
【結婚生活スタート応援事業】2019年1月1日以降に婚姻された方で、年齢が34歳以下であること等の条件を満たす方に、住宅取得費用を24万円を上限に助成。
増築・改築・改修
利子補給制度 あり
上限金額 100万円
備考
融資あっせん制度(水洗化に伴う利子補給)。工事に要した費用の範囲内で、一戸につき100万円まで。(無利子)72ヶ月以内(6年)償還。
補助/助成金制度 あり
上限金額 (1)3万円(2)30万円(3)120万円
備考
(1)【耐震診断補助】耐震診断に要した費用の2/3。上限額3万円。(2)【耐震改修補助】耐震改修に要した費用の23/100。上限額30万円。(3)【空き家改修事業補助金】移住世帯を対象に、湯沢市空き家バンクに登録された空き家の改修に係る経費について、最大100万円を助成。※中学生以下の子どもがいる場合、20万円の加算あり。
その他
(都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 なし
内容
-
(市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 なし
内容
-
移住支援制度 (1)【空き家改修事業補助金】移住世帯を対象に、湯沢市空き家バンクに登録された空き家の改修に係る経費について、最大100万円を助成。※中学生以下の子どもがいる場合、20万円の加算あり。(2)【お試し居住体験】参加者が希望する行程で、移住体験を実施。滞在費無料(JR湯沢駅までの交通費は自己負担)。(3)【奨学金返還助成】秋田県奨学金返還助成(一般分)の交付決定を受けた者を対象に、奨学金の返還額の一部を助成する(上限6.7万円)。(4)【移住支援金】秋田県と合同で、首都圏からの移住就業世帯(起業含む)に対して、最大100万円を交付。地方創生推進交付金事業。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(24万円を上限に家賃補助。2019年1月1日以降に婚姻された方で、年齢が34歳以下であること等の諸条件あり)
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。 最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

公共サービスや治安

公共料金・インフラ
ガス料金(22m3使用した場合の月額) -
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 湯沢市4277円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 湯沢市3697円
下水道普及率 42.9%
安心・安全
刑法犯認知件数 96件
人口1000人当たり 2.06件
ハザード・防災マップ あり
医療
一般病院総数 1ヶ所
一般診療所総数 34ヶ所
小児科医師数 34ヶ所
小児人口10000人当たり
12.63人
産婦人科医師数 4人
15~49歳女性人口1万人当たり
5.93人
介護保険料基準額(月額) 5700円
ごみ
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 有料
備考
従量制。市指定のごみ袋を販売店から購入する。
家庭ごみの分別方式 4分別11種〔もえるごみ もえないごみ 資源ごみ(ビン、カン、古紙[新聞紙、ダンボール、紙パック、雑誌類・その他紙類]、古布) 容器包装プラ(ペットボトル、その他プラスチック)〕 拠点回収:使用済小型家電 廃食油 ボタン電池 水銀体温計(窓口のみ) 水銀血圧計(窓口のみ)
家庭ごみの戸別収集 未実施
粗大ごみ収集 あり
備考
特別粗大ごみのみ、戸別収集(要申込み)。
生ごみ処理機助成金制度 なし
上限金額 -
上限比率 -

人口などの統計情報

概要 湯沢市は、山形県、宮城県に隣接する秋田県の南東部に位置する、南の玄関口です。県境付近の西栗駒一帯は、雄大な自然林を有しているほか、豊富な温泉群にも恵まれています。独自に「湯沢市若者や女性が輝くまちづくり推進条例」を制定。ふるさと納税の使い道も「にぎわいのまちづくり事業」など5つありますが、活気あるまちづくりに主眼が置かれています。移住支援として、湯沢市空き家バンクに登録された空き家の改修に係る経費について、最大100万円が助成されます。子育て面では、ライフインベントサポートブックの配布や、ブックスタート、ママと天使の交流会など、手厚いサポートが期待できます。
総面積 790.91km2
世帯数 16384世帯
人口総数 45349人
年少人口率(15歳未満) 8.73%
生産年齢人口率(15~64歳) 53.54%
高齢人口率(65歳以上) 37.73%
転入者数 809人
転入率(人口1000人当たり)
17.84人
転出者数 809人
転出率(人口1000人当たり)
24.68人
主な祭り・行事 小町まつり 七夕絵どうろうまつり 雄勝大花火大会 大名行列 全国まるごとうどんエキスポ 犬っこまつり
市区独自の取り組み 湯沢市若者や女性が輝くまちづくり推進条例
ふるさと納税に対する取り組み 使い道は、(1)賑わいのまちづくり事業(2)教育・子育て支援事業(3)健康福祉のまちづくり事業(4)地域文化の継承事業(5)地場産業の振興事業。お礼の品として、市外在住の5,000円以上の寄附者に、寄附金額に応じた湯沢市の特産品や工芸品、温泉宿泊券、空き家見まわりサービス、屋根の雪下ろし代行サービス、墓地清掃サービスなどを贈呈。ホームページから各申込みサイトへのリンクによりクレジットカード決済による寄附が可能。
地方債現在高 33,736,799千円
1人当たり 744千円

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2020 NTT DATA Smart Sourcing Corporation.
提供元:生活ガイド.com
  • 新築マンション特集
  • 新築一戸建て特集