星置駅の土地 物件一覧

函館本線/星置

変更する

条件

指定なし

変更する
6が該当しました。

  • 200万円

    (坪単価:2.82万円)

    土地面積 234.6m2
    用途地域 1種低層
    建ぺい率 40.00%
    容積率 80.00%
    建築条件 なし
    • JR函館本線 星置駅 徒歩10分
    その他の交通
    北海道札幌市手稲区金山二条3丁目
    (株)アポロ

  • 1050万円

    (坪単価:9.67万円)

    土地面積 359.29m2
    用途地域 1種住居
    建ぺい率 60.00%
    容積率 200.00%
    建築条件 なし
    • JR函館本線 ほしみ駅 徒歩5分
    • JR函館本線 星置駅 徒歩22分
    その他の交通
    北海道札幌市手稲区星置一条8丁目
    (有)アスター 東支店

  • 1050万円

    (坪単価:-)

    土地面積 359.29m2
    用途地域 1種住居
    建ぺい率 60%
    容積率 200%
    建築条件 なし
    • JR函館本線 ほしみ駅 徒歩5分
    • JR函館本線 星置駅 徒歩23分
    その他の交通
    北海道札幌市手稲区星置一条8
    (有)アスター

  • 1780万円

    (坪単価:-)

    土地面積 180m2
    用途地域 1種低層
    建ぺい率 40%
    容積率 80%
    建築条件 なし
    • JR函館本線 星置駅 バス2分/「星置2-6」バス停 停歩4分
    その他の交通
    北海道札幌市手稲区星置二条5
    (株)すまいのスプラウト

  • 3750万円

    (坪単価:-)

    土地面積 566m2
    用途地域 近隣商業
    建ぺい率 80%
    容積率 200%
    建築条件 なし
    • JR函館本線 星置駅 徒歩7分
    その他の交通
    北海道札幌市手稲区金山一条2
    住友不動産販売(株)札幌西営業センター

  • 29700万円

    (坪単価:-)

    土地面積 4688.92m2
    用途地域 準工業
    建ぺい率 60%
    容積率 200%
    建築条件 なし
    • JR函館本線 星置駅 徒歩9分
    その他の交通
    北海道札幌市手稲区稲穂二条6
    信託ホーム(株)
  • 1~6
gooストアキャンペーン

函館本線/星置

変更する

条件

指定なし

変更する

星置駅のおすすめ新築一戸建て

建築条件付土地
星野町(ほしみ駅) 200万円~440万円

  • 200万円~440万円

    ※土地価格のみ

    • JR函館本線 星置駅 徒歩34分
    • JR函館本線 ほしみ駅 徒歩15分
    北海道小樽市星野町187

札幌市手稲区の暮らしデータ(子育て情報や公共料金)

出産・子育て
子育て関連の独自の取り組み (1)交通事故・労働災害等のその他不慮の災害により、父、または母等を失った(重度障がいとなった場合を含む)義務教育終了前の遺児を扶養する方に遺児1人につき月額4,000円を支給するとともに、手当の対象となる遺児が小・中学校および高等学校に入学する際または中学卒業後、就職する際に遺児1人につき2万円を支給。(2)幼児教育・保育の無償化の対象外となっている3歳未満の児童について、就学前児童でかつ認可施設等を利用している児童を上から数え、2人目の保育料を無償化。なお、年収約640万円未満の世帯は、上の子の年齢や施設の利用の有無にかかわらず、世帯の2人目以降の保育料を無償化し、子育て世代の経済的負担を軽減。
出産祝い なし
備考
-
公立保育所数 21ヶ所
0歳児保育を実施 9ヶ所
私立保育所数 239ヶ所
0歳児保育を実施 238ヶ所
保育所入所待機児童数 0人
認定こども園数 94園
預かり保育実施園数-公立 9園
預かり保育実施園数-私立 -
学校給食 【小学校】完全給食【中学校】完全給食
公立中学校の学校選択制 一部実施(小規模特認校)
乳幼児医療費助成(通院)対象年齢 小学校3年生まで
乳幼児医療費助成(入院)対象年齢 中学校卒業まで
住まいの給付金(助成金・補助金)
新築購入 利子補給制度 なし
新築購入 補助/助成金制度 なし
新築建設 利子補給制度 なし
新築建設 補助/助成金制度 あり
上限金額 160万円
備考
【札幌版次世代住宅補助制度(市民向け戸建住宅)】札幌市独自の高断熱・高気密住宅の基準である「札幌版次世代住宅基準」に適合する戸建住宅を自ら居住するために市内に新築する建築主に対して、等級に応じた新築費用の一部を補助(トップランナー:160万円、ハイレベル以上:110万円、スタンダードレベル以上:50万円)。

注目のコンテンツ

  • 土地活用
  • 新築一戸建て特集