滋賀県高島市(たかしまし)の暮らしデータ

町の特徴

高島市は、県の北西部に位置し、比良山地から琵琶湖に広がる豊かな自然のもと、県最大の流量を誇る安曇川をはじめとして、琵琶湖に注ぐ水の多くを生み出しています。また古来より京都・奈良の都と北陸を結ぶ交通の要衝として栄え、港町や宿場町としても賑わいました。百貨店高島屋の屋号は、創業家出身の地である高島郡(現在の高島市)から名付けられています。

市区役所住所

高島市新旭町北畑565
TEL:0740-25-8000

高島市のホームページ

この市区の駅

近江高島、 安曇川、 新旭、 近江今津、 近江中庄、 マキノ

暮らしデータ

出産・子育ての給付金(補助金・助成金)

出産・子育て
結婚祝い なし
備考
-
出産祝い なし
備考
-
子育て関連の独自の取り組み (1)教育相談・課題対応室を設け、子ども・保護者・教師・一般市民から広く教育や子育てに関する様々な相談等を受け付けて継続的な支援をしている。(2)市内にある公私立の保育所等に通園する児童の保育料について、国の無償化の対象とならない児童(0~2歳までの住民税課税世帯)も含め全ての児童を完全無償化している。(3)在宅で育児をしている1歳児・2歳児の保護者へ支援金を給付している。(4)少年センターに、青少年立ち直り支援システム「あすくる」、子ども・若者支援地域協議会、子ども・若者総合相談窓口を併設し、社会参加等の相談支援、共に学び、育ち合うことができる地域づくりに取り組んでいる。
子ども・学生等医療費助成
<通院>対象年齢 18歳3月末まで
<通院>自己負担 自己負担なし
備考
-
<通院>所得制限 所得制限なし
備考
-
<入院>対象年齢 18歳3月末まで
<入院>自己負担 自己負担なし
備考
入院時食事療養費の標準負担額の自己負担あり。
<入院>所得制限 所得制限なし
備考
-
幼稚園・保育園
公立保育所数 1ヶ所
0歳保育を実施 1ヶ所
公立保育所定員数 50人
公立保育所在籍児童数 17人
私立保育所数 0ヶ所
0歳保育を実施 -
私立保育所定員数 -
私立保育所在籍児童数 -
保育所入所待機児童数 5人
0歳児の認可保育所・認定こども園月額保育料 0円
備考
-
認可外保育所に預ける保護者への補助 あり
内容
国の幼児教育、保育の無償化の対象とならない子ども(0~2歳までの住民税課税世帯)について市独自で保育の必要性がある場合は月額4.2万円を上限に利用料の補助を行っている。
認定こども園数 12園
預かり保育実施園数-公立 -
預かり保育実施園数率-公立 -
預かり保育実施園数-私立 1園
預かり保育実施園数率-私立 100.0%
長期休業期間中の預かり保育実施園数-公立 -
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-公立 -
長期休業期間中の預かり保育実施園数-私立 1園
長期休業期間中の預かり保育実施園数率-私立 100.0%
小学校・中学校
公立小学校1学級当たりの平均生徒 15.7人
公立中学校1学級当たりの平均生徒 20.2人
学校給食 【小学校】完全給食【中学校】完全給食
学校給食民間委託 一部で導入(食材料の受入検査、調理作業、給食の配缶・配送・回収、洗浄・消毒・保管作業、施設の環境美化等)
公立中学校の学校選択制 未実施
公立小中学校の耐震化率 100.0%

住まいの給付金(補助金・助成金)

新築建設
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
上限金額 75万円
備考
【市内産材活用促進事業補助金】高島市内産木材を使用して住宅を新築する場合、市産材の購入等の費用に対し補助する。森林認証材のみを使用した場合、1m3あたり2.5万円、上限75万円を補助。それ以外を使用した場合、1m3あたり2万円、上限60万円を補助。
新築購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 なし
中古購入
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
上限金額 (地域通貨)50万円
備考
【定住住宅リフォーム補助】UIJターン者、市内賃貸居住者、実家居住者(婚姻要件あり)に助成。定住するために購入した中古住宅等が対象。市内業者が請け負う50万円以上の工事が対象。年齢や子の有無等により対象経費の1/4又は1/8を補助。地域通貨で限度額50万円又は25万円。補助金は5年間で分割均等払い。
増築・改築・改修
利子補給制度 なし
補助/助成金制度 あり
上限金額 75万円
備考
【市内産材活用促進事業補助金】高島市内産木材を使用して住宅を新築する場合、市産材の購入等の費用に対し補助する。森林認証材のみを使用した場合、1m3あたり2.5万円、上限75万円を補助。それ以外を使用した場合、1m3あたり2万円、上限60万円を補助。
その他
(都道府県)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 あり
内容
【令和5年度スマート・ライフスタイル普及促進事業補助金】既存住宅において、断熱改修や太陽光発電、高効率給湯器等の再エネ・省エネ設備を設置する個人に対し補助。住宅用太陽光発電システムは1kWあたり7万円(上限30万円)。エネファームは経費の1/2、上限30万円。高効率給湯器(エネファーム以外)は経費の1/2、上限10万円。家庭用蓄電池は設備価格の1/3、上限30万円。断熱設備(壁・窓等断熱改修)は経費の1/3、上限120万円。要件により、高効率空調設備(エアコン等)、高機能換気設備、高効率照明機器への補助あり。
(市区)新・省エネルギー設備機器等導入補助制度 あり
内容
(1)【高島市住宅用太陽光発電システム設置補助金】1kWあたり3万円の補助。上限金額10万円。(2)【太陽熱温水器設置事業補助金】温水器本体の1/10以内の補助。上限金額5万円。
移住支援制度 (1)定住相談窓口(移住希望者の相談[住まい、暮らし、しごと等]にワンストップで答える)。(2)空家紹介システム(市内の協力事業者[宅地建物取引業者]と共に空家の紹介を行う)。(3)リフォーム補助を利用して住宅を取得する際、住宅ローン(フラット35)の借入金利が当初5年間または10年間0.25%引き下げ。(4)市内の住宅を居住用住宅として購入・増改築等する際、関西みらい銀行の借入金利がローン基準金利から年1.95%引き下げ。(5)JR西日本のおためし暮らしへの参画。移住を検討している方に市営住宅の一室や一戸建賃貸物件をおためし住宅として、短期利用は1~3ヶ月、長期利用は5~10ヶ月提供する。
新婚世帯向け家賃補助制度 あり(【結婚新生活支援事業】2023年3月1日から2024年2月28日までの間に婚姻届を提出し受理された世帯に対し、転入または転居で生じた新規の住宅賃借経費[賃料・敷金・礼金・共益費・仲介手数料]等について、上限を30万円または60万円として補助する。ただし、婚姻届提出時に夫婦ともに39歳以下であること、夫婦の合計所得が500万円未満であること等、諸条件あり)
※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。 最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。

公共サービスや治安

公共料金・インフラ
ガス料金(22m3使用した場合の月額) -
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 高島市2640円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 高島市3300円
下水道普及率 87.6%
安心・安全
建物火災出火件数 5件
人口10000人当たり 1.08件
刑法犯認知件数 200件
人口1000人当たり 4.31件
ハザード・防災マップ あり
医療
一般病院総数 3ヶ所
一般診療所総数 55ヶ所
小児科医師数 55ヶ所
小児人口10000人当たり
18.91人
産婦人科医師数 0人
15~49歳女性人口1万人当たり
0.00人
介護保険料基準額(月額) 5800円
ごみ
家庭ごみ収集(可燃ごみ) 無料
備考
ごみ袋製作費用のみで販売している。
家庭ごみの分別方式 3分別12種〔可燃ごみ、不燃ごみ[A、B]、資源ごみ(缶、びん[透明、茶、その他]、ペットボトル、プラボトル、有害ごみ[蛍光灯、乾電池]、廃食油)〕 拠点回収:紙類(新聞 段ボール その他古紙 シュレッダー紙 飲用紙パック 古着) 小型家電
家庭ごみの戸別収集 未実施
粗大ごみ収集 あり
備考
有料。事前申込制。
生ごみ処理機助成金制度 あり
上限金額 40000円
上限比率 66.7%

人口などの統計情報

概要 高島市は、県の北西部に位置し、比良山地から琵琶湖に広がる豊かな自然のもと、県最大の流量を誇る安曇川をはじめとして、琵琶湖に注ぐ水の多くを生み出しています。また古来より京都・奈良の都と北陸を結ぶ交通の要衝として栄え、港町や宿場町としても賑わいました。百貨店高島屋の屋号は、創業家出身の地である高島郡(現在の高島市)から名付けられています。
総面積 693.05km2
世帯数 17983世帯
人口総数 46394人
年少人口率(15歳未満) 10.26%
生産年齢人口率(15~64歳) 53.60%
高齢人口率(65歳以上) 36.14%
人口増減数(人口1000人当たり) -11.34人
転入者数 1325人
転入率(人口1000人当たり)
28.56人
転出者数 1325人
転出率(人口1000人当たり)
28.39人
特産・名産物 高島ちぢみ 高島帆布 高島扇骨 近江扇子 雲平筆 和ろうそく 発酵食品(地酒、酢、醤油、味噌) 湖魚加工品 鮒ずし 鯖ずし 鯖のなれずし 米 近江牛 いちじく しいたけ 富有柿 箱館そば アドベリー加工品 とち餅 丁稚ようかん 栗 万木かぶら まくわうり 風車メロン 山菜加工品 ウナギ
主な祭り・行事 川上祭 海津力士祭 大溝祭 七川祭 びわ湖国際フルートコンクール アドベリー収穫祭 高島音頭総おどり マキノカントリーフェスタ 白鬚まつり びわ湖高島栗マラソン FAIRY TRAILびわ湖高島トレイルランニングinくつき ザゼンソウまつり TOYOTA GAZOO Racing
市区独自の取り組み -
ふるさと納税に対する取り組み 豊かな自然の「恵み」によって育まれた高島市の暮らし、そこから生まれる特産品を、寄付に対する「お礼」としてお贈りしている。寄付の使い道は、(1)子どもたちが輝くまちづくりに関する事業、(2)自然や水文化を活かしたまちづくりに関する事業、(3)元気に安心して暮らせるまちづくりに関する事業、(4)安全・便利で快適なまちづくりに関する事業、(5)その他、市長が必要と認める事業、の5つから選択できる。特に、百貨店高島屋の創業家出身地であるというゆかりから「Takashimayaコラボ企画」を展開している。詳しくは、高島市公式ホームページ内のふるさと納税ページまで。
土地平均価格 住宅地 17115円/m2
商業地 32983円/m2
地方債現在高 24,407,677千円
1人当たり 526千円

※行政機関により公表していない地域及びデータがございます。東京23区以外の政令指定都市は、市全体のデータとして表示しています。

※提供データには細心の注意を払っておりますが、調査時期により現状と異なる場合があります。最新の情報につきましては各市区役所までお問合せください。

気になるエリアを比較する

2つ以上の市区を選択してください。最大3つまで比較できます。

1
2
3
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2024 Wavedash Co., Ltd.
提供元:生活ガイド.com
  • 家ではWifiがある おうち時間を楽しんでいるあなたへ おすすめのスマホプランirumo 詳しくはこちら
  • OCN×ドコモ光 1ギガ・10ギガ申込みで還元得点!詳しくはこちら

お役立ち情報