カーディフ生命調査、物価高でも家購入派が約7割

 カーディフ生命保険は12月6日、「生活価値観・住まいに関する意識調査」をまとめた。長引く物価上昇が暮らしに及ぼす人々の意識、行動、価値観を調査したもので、最大の生活不安は全世代で「物価高」が約9割を占めており、約7割が節約を実行しているとした。
 家を「買う派」(67%)は約7割と高く依然マイホームの夢が強い半面、「住宅ローン返済への不安」(47%)を持つ割合も約5割を占めた。20代は55%、30代は58%が不安を感じている。住宅ローンの選択では「金利が低かったから」(36%)を最も重視する。20〜30代の2割は団信の保障内容を重視し、購入後の最大の後悔は「団信の特約を付けておけばよかった」だった。

[ 2023年12月08日]

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2024 Jutaku-s.com All Rights Reserved.
  • 見直しませんか?irumo 0.5Gで550円/月
  1. goo住宅・不動産
  2. お役立ち情報
  3. 住まいのニュース
  4. カーディフ生命調査、物価高でも家購入派が約7割

お役立ち情報