大和総研と協業して電話営業など支援強化 レブコム

 RevComm(レブコム、東京都渋谷区)は、大和総研(東京都江東区)とパートナー契約を締結した。
 今回の協業により、企業各社のインサイドセールスやコールセンター部門向けにレブコムがAI(人工知能)技術を活用して展開している音声解析AI電話「MiiTel」(ミーテル)や、フィールドセールスやカスタマーサクセス部門向けに展開しているAI搭載オンライン会議解析ツール「MiiTel Meetings」の提供を通じて、生産性向上の支援を一層強化していく。
 「MiiTel」は、電話営業の会話内容を文字起こしやデータ化などで可視化し、セルフコーチングやテレワーク体制の構築の場面で活用されている。また、「MiiTel Meetings」は、普及しているオンライン会議システムに、AIによる文字起こしと会話内容とその音声感情を解析し、最新テクノロジーの「ChatGPT」によって議事録を作成でき、オンライン会議の可視化や社内共有を容易にできる。

[ 2023年12月01日]

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2024 Jutaku-s.com All Rights Reserved.
  • 見直しませんか?irumo 0.5Gで550円/月
  1. goo住宅・不動産
  2. お役立ち情報
  3. 住まいのニュース
  4. 大和総研と協業して電話営業など支援強化 レブコム

お役立ち情報