重要事項説明書の記載間違い

住宅賃貸

重要事項説明書の記載間違い

ユーウさん (神奈川県/男性/31歳)

  • カテゴリ:住宅賃貸
  • 質問投稿日時:2016/07/2121:53

よろしくお願いします。

賃貸に入居して3ヶ月経つのですが、契約(重要事項説明)の際、都市ガスと聞いていたのにガス代がやけに高いと感じ、ガス社会に確認したところLPガスを使用していると言われました。
そこで再度、重要事項説明書を確認したらやはり都市ガスの記載がありました。
都市ガスとLPガスでは費用が違く、当方としてはかなり負担になるため退去を考えています。
この場合、契約を無効にする事は可能なのでしょうか?

専門家回答件数:1

真山 英二

重要事項説明書の記載間違い

真山 英二(不動産コンサルタント)

  • 投稿日時:2016/08/0609:06
  • 重要事項説明書の記載間違い
  • 重要事項説明書の記載間違い

ハッピーハウスの真山(さのやま)です。

都市ガスと思って契約したものの
LPガスだったの契約を無効にしたいとの
ことですが、この一点のみを理由に
契約の無効、解除を要求するのは
難しいと思います。

今回締結した賃貸借契約の目的が、
その部屋に居住することであり、
ライフラインとしてのガスも
使用できているのであれば、
契約の目的自体は達成できています。

ただ、都市ガスとLPガスの違いによって
毎月の費用に差が出てしまっています。

重要事項説明書で都市ガスとLPガスの
記載に間違いがあり、
こちらとしてはその説明を受けた上で
契約を締結したのであれば、
媒介(仲介)をした不動産業者に
責任があります。

どこまで、責任を追及するのかは、
ユーウさん次第です

まずは、媒介(仲介)をした不動産業者に
都市ガスとLPガスの差額を
なんとかして欲しいと話し合ってみるのが
良いと思います。

その上で、誠意ある対応が見られなければ
どこまでやるのかということになります。
(最後は損害賠償請求等の法的手続きです)

今回、宅建業者としての義務である
重要事項説明書に間違いがあるので
行政指導や裁判等になれば、
こちら側がそうとう有利に事を運べます。

まずは、業者と話し合い、それでダメなら
行政(神奈川県なら宅建指導班)に相談し、
それでもダメなら、弁護士等に相談して
法的手続きといった流れになると思います。

ここからは個人的な意見となりますが、
裁判等の法的手続きは、時間とお金と
精神的な負担がとてもかかります。

どこか納得できるところで
折り合いがつくことを願っています。

少しでもお役に立てれば幸いです。

関連するキーワード
重要事項説明
賃貸借契約
ガス
真山 英二
真山 英二 (神奈川県 / 不動産コンサルタント)
人生最大級の買物である不動産購入は、自分や家族が主人公でこだわりを実現していく「人生最高のエンターテイメント」と言えるのではないでしょうか。正しい知識と情報を身に付ける事で、安心してワクワクの不動産選びを楽しんでもらいたいと考えています。
この専門家に相談する

↑ページトップへ

カテゴリからQ&Aを探す

住宅・不動産

不動産売買・住宅賃貸
不動産売買(1993)
住宅賃貸(339)
建築・リフォーム
住宅設計・構造(1753)
新築工事・施工(658)
リフォーム・増改築(654)
住宅と不動産トラブル・検査
住宅・不動産トラブル(883)
住宅検査・測量(122)
エクステリア・ガーデニング
エクステリア・外構(214)
造園・ガーデニング(46)
インテリア・オーダー家具
インテリアコーディネート(988)
オーダー家具・装飾品(46)
住宅設備
住宅設備(336)
整理収納・ハウスクリーニング
整理収納・ハウスクリーニング(12)

マネー

暮らしのお金
住宅資金・住宅ローン(4209)
投資・資産運用
不動産投資・物件管理(260)

法人・ビジネス

商業施設・オフィス
商業不動産賃貸・売買(6)
商業施設・不動産管理(1)
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2017 en Factory.inc All Rights Reserved.
提供元