賃貸 部屋探しガイド

第1章:「費用」についての知識 第2章:部屋探しのため準備と情報収集 第3章:部屋を決める 第4章:転居手続きと引越し
第1章:「費用」についての知識

1.入居時に必要な費用はどのくらい?


2.入居してからの費用
管理費等
賃貸住宅を借りるとき、家賃のほかに「管理費」を毎月支払うことになります。管理費とは、建物の清掃などの維持管理に必要な費用のことです。管理費の金額は賃貸住宅の広告に記載されています。 管理費


管理費は家賃と一緒に毎月支払うものですから、入居者の立場から見ると、家賃の一部と考えることもできるでしょう。ただし、礼金や敷金、仲介手数料における「家賃の○ヶ月分」といった金額に含まれません。 管理費は共益費等他の名称で呼ばれることがあります。また、毎月の賃料に含んでいるケースもあります。


駐車場料金、駐輪場料金
賃貸住宅の駐車場を使用するには駐車場料金を毎月支払う場合が多く、地域によっては、「敷金」を預ける場合もあります。車を保有している場合は、駐車場料金が毎月いくらかかるのかをチェックしておきましょう。また、駐輪場も家賃・管理費とは別に料金がかかる場合があります。


更新料の支払いは2年に1度
首都圏の場合、賃貸住宅は2年契約にすることが多いので、2年に1度の割合で契約を更新するのが一般的です。契約を更新する際には、家賃の0.5ヶ月〜1ヶ月の「更新料」を支払うケースが多いようです。


更新料とは、契約の更新の際に家主に支払う金銭であり、部屋から退去しても入居者には戻ってきません。更新料の金額は、賃貸住宅の広告には書かれていないことが多いので、賃貸借契約を結ぶ前にしっかりチェックしておきましょう。 損害保険料も2年に1度契約を更新する際にはあらためて、損害保険や共済などに加入する必要があるので、更新のたびに出費することになります。


このページのトップへ▲



掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) At Home Co.,Ltd All Rights Reserved.
提供元