退去時

特殊な例ですが・・・


現在、築35年の木造一戸建てを借りています
ここの大家さんは同じ敷地内に住んでいて、元々ご近所さんだったので入居の際にも敷金(家賃の3ヶ月分)だけで礼金やその他の諸費用についてはナシでいいよ・・・ということでした。(不動産屋は一応、入っています)
私の前に住んでいた方も大家さんの知り合いとかで敷金等、一切ナシで住んでおられました。私が入居した時も汚れや破損が相当ひどく、実費でハウスクリーニングを頼んだほどです。
壊れた窓も鍵も直してくれないような大家さんでして・・・
再来月、退去の予定なのですがこんな特殊なケースでも敷金は返ってくるのでしょうか
窓や鍵の修理を依頼した時も「礼金は預かっていないのに・・・」などとブツブツ言ってたくらいです。どうかアドバイスをお願いします。

その大家さんは、多分賃貸経営と考えていないのでしょうね・・・。

「借りたければ貸してあげますよ・・・礼金なども要りませんけど 維持管理はできませんよ」って感じなのかな・・・。

【再来月、退去の予定なのですがこんな特殊なケースでも敷金は返ってくるのでしょうか 窓や鍵の修理を依頼した時も「礼金は預かっていないのに・・・」などとブツブツ言ってたくらいです。】

・・・ブツブツですか・・・。
確かに特殊ですね、でもしかしこのようなケースは意外と多いのですね。
賃貸の契約というのは物を買うのとは違い、あくまでも一般人と一般人の約束事に近いです。
原則は返金してくれるものですが、大家さんの考え方次第では、話し合いが必要の場合もありますな・・・
幸いに不動産会社が間に入ってくれたのであれば、お聞き・相談されて見ましょう。
中立に立ってくれるのではないでしょうか。

悩まれるとこでしょう、頑張って下さい。

【注意事項】
賃貸生活相談事例集は、裁判所・法律事務所等によるものではありません。それにより、法律的根拠をもって記載・掲示されていない文章もございます。地域慣例などにより回答が異なる事がございます。記載されている内容に、間違い・疑似などがあった場合には、当サイトの方では一切責任を負いかねます。あくまでもサイトを見られた個人個人の方々の判断により行動してください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 博士.com All Rights Reserved.
賃貸博士