入居中

契約書の修繕項目について


近々埼玉の賃貸アパートを契約予定の者です。
契約に先だって、以下の契約書の内容について質問があるのですが、よろしくお願いします。

畳・襖・壁・床・天井?省略?及び此等に付属する器具の汚損・破損等の日常使用による修繕費用について、入居中は借主の負担とする。

→故意・過失による修繕費用は借主負担、設備の経年変化による自然故障の場合は貸主負担との解釈で良いのでしょうか。

明け渡す際の畳・襖・内壁等の補修・交換費用は借主の負担とする。

→借主側の一方的な不利・負担にあたる気がするのですが、契約上有効になってしまうのでしょうか。

契約書に記載されているのであればそれなりの効力はあります。
借主に不利かどうかの判断は、退去する部屋の状況等によりますので現時点では一方的な内容となるのか判断は出来ません。

あくまでも契約は借主・貸主との間で交わす物ですので、このような記載がある場合、不動産会社の方に経年変化の部分は負担しなくても良い事を確認しておく事をお勧めします。

頑張ってください。

【注意事項】
賃貸生活相談事例集は、裁判所・法律事務所等によるものではありません。それにより、法律的根拠をもって記載・掲示されていない文章もございます。地域慣例などにより回答が異なる事がございます。記載されている内容に、間違い・疑似などがあった場合には、当サイトの方では一切責任を負いかねます。あくまでもサイトを見られた個人個人の方々の判断により行動してください。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 博士.com All Rights Reserved.
賃貸博士