住まいのニュース

2022年9月22日

木造耐火建築物設計でオンライン講習会

 日本木造耐火建築協会は「木質耐火部材を用いた木造耐火建築物設計マニュアル(22年版)」を発刊し、10月から同マニュアルを使ったオンライン講習会を開催する。18年に発刊した同マニュアルには、今回新たな大臣認定を16種類追加し、計30種類収録した。講習会では、東京都市大学名誉教授の大橋好光氏が中大規模木造建築の最新動向について説明するほか、同協会担当者が技術仕様やマニュアルの運用について解説する。受講料(マニュアル代込み)は会員は新規の場合2万2000円(税込み)。受講希望者は同協会ホームページ(https://mokutaiken.or.jp/seminar/)から申し込む。

[ 2022年09月22日]
2022年9月22日の他のニュースを見る
一条工務店、土地分譲のブランド統一
運転者のアルコールチェック義務で自動システム化を パイオニア
大東建託 街の幸福度ランキング 北関東版トップは群馬県邑楽町
三井不の商業施設で、衣類支援とサッカー支援プロジェクト
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 Jutaku-s.com