住まいのニュース

2022年8月2日

山形のシェルター、巨大な木のお椀のようなパビリオンを展示

木構造メーカーのシェルター(山形市)はこのほど、東京で展示されていた木製のパビリオン「Global Bowl」(グローバルボウル)(設計:平田晃久建築設計事務所)を本社に移設し、展示を始めた。これは、「パビリオン・トウキョウ2021」(主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京、パビリオン・トウキョウ2021実行委員会/企画:ワタリウム美術館)の一環として製作され、2021年7月〜9月まで国連大学前(東京都渋谷区)で展示されていた。木がねじれたり、からまったりしてできたような複雑な形状は、木材を削り出して製作した形の異なる102のパーツを組み合わせて作られている。シェルターが木材加工・施工を担当した。
[ 2022年08月02日]
2022年8月2日の他のニュースを見る
「フラット35」申請戸数、4月〜6月分は2.1万戸 住金機構
不動産価格指数・22年4月、住宅は前月比1.6%増 国交省
三井不レジ、新たな空間コンセプト具現化した賃貸住宅
大東建託G 火災保険契約更新案内にAI電話応答
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 Jutaku-s.com