住まいのニュース

2022年6月30日

NTT都市開発、札幌にハイアット初進出、24年春に開業

NTT都市開発は、「(仮称)札幌北1西5計画」のホテル部分について、米国・ハイアットホテルズコーポレーションの関連会社とホテル運営委託契約を締結し、ホテルブランドを「ハイアット セントリック」、ホテル名称を「ハイアット セントリック 札幌」に決定した。開業は24年春の予定。ハイアットブランドホテルの札幌初進出となる。

今後、ホテル経営やレストラン等料飲施設の運営を手掛ける同社グループ企業のUDホスピタリティマネジメントへ運営委託契約を地位承継し、ホテルの経営はUDホスピタリティマネジメントが担う予定となっている。

ハイアット セントリック 札幌は、NTT都市開発が開発中の地上26階、地下2階建て複合ビルの1階の一部および17階から26階に位置する。17階ロビーは、ホテルロビーとして札幌随一の70メートルの高さ。ロビーからは北海道庁旧本庁舎や北海道大学植物園など、札幌市街を眺望できる。客室は全216室。地元の食材を味わえるレストラン、宴会やイベントに利用できるマルチファンクションスペース、フィットネス施設などを備える。

建物の周辺には大通公園や札幌市時計台などの観光スポットがあり、道庁をはじめオフィス街も徒歩圏内のため、観光、ビジネスの拠点として利用できる。JR札幌駅および地下鉄大通駅は徒歩圏内で、新千歳空港や道内他エリアへのアクセスも良く利便性が高い。
[ 2022年06月30日]
2022年6月30日の他のニュースを見る
三鷹と藤沢で計2物件57戸の新築分譲を発売 明和地所
管理会社の業務効率支援でIoTサービス提供 パナソニックEW社
三菱地所と高松空港、8月8日に体験型ワークショップ開催
積水ハウス調べ、夏場日中は?おうち時間?増加
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 Jutaku-s.com