住まいのニュース

2022年6月23日

解体事故の上乗せ補償保険を提供開始 バリューC・三井住友海上

解体費用の自動見積もりサービス「解体の窓口」を運営するバリュークリエーション(東京都渋谷区)は、三井住友海上火災保険(東京都千代田区)と提携し、「Wで安心解体工事請負業者賠償責任保険」の提供を始めた。「解体の窓口」を介した解体工事で万が一事故が発生した場合に、支払限度額と免責金額の要件のもと、第三者賠償を補償する(イメージ図)。

発注する施主と解体業者のいずれも無料・無条件で利用できる。解体業者側で加入している損害賠償保険で通常はカバーできるものの、その補償範囲を超える高額な損害が発生した場合に、その補償に上乗せする形で利用できる。
[ 2022年06月23日]
2022年6月23日の他のニュースを見る
三井不、ECカートシステム展開するベンチャーに出資
大和ハG、札幌に2件目ダイワロイネット開業
「ガスとお湯の50年」書籍を刊行、電子版を公開、ベターリビング
リクルート調べ 東海圏の新築マンション平均購入価格 4333万円
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 Jutaku-s.com