住まいのニュース

2022年5月20日

土地総合研究所が調査、3カ月後の不動産経営状況は悪化見通し

土地総合研究所は5月19日、不動産事業者を対象としたアンケート調査を「不動産業業況等調査結果」として4月1日現在の経営の状況と3カ月後の経営の見通しをまとめた。

それによれば、「住宅・宅地分譲業」の現在の経営状況は、前回の調査時点から2.2ポイント悪化し、17.4ポイントとなった。「不動産流通業(住宅地)」は、同10.6 ポイント改善し、4.9ポイント。「ビル賃貸業」は、前回の調査時点から9.7ポイント改善し、7.7ポイントとなった。

3カ月後の見通しは、「住宅・宅地分譲業」はマイナス2.2ポイント、「不動産流通業(住宅地)」がマイナス7.0ポイント、「ビル賃貸業」がマイナス11.5ポイントとなった。
[ 2022年05月20日]
2022年5月20日の他のニュースを見る
「マンション管理組合ローン」の提供を開始 クレディセゾン
賃貸契約特化の電子契約サービスを開発 PICK
大東建託 住みたい街ランキング 1位は4年連続「吉祥寺」
全国17カ所目の災害協定締結へ コインランドリーのジーアイビー
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 Jutaku-s.com