住まいのニュース

2021年12月2日

川越市×エンジョイワークス×埼玉信金、歴史的建造物の利活用で参加事業者を募集

埼玉県川越市は、国土交通省2021年度「官民連携まちなか再生推進事業」の採択を受けている「空き家再生プロデューサー育成プログラム」の一環として「歴史的建造物利活用事業者育成プログラムin川越市」を実施する。これに伴い参加事業者を募集する。参加事業者の募集期間は来年2月7日まで。3月に事業者を決定する予定。

同プログラムは、エンジョイワークス(神奈川県鎌倉市)が、埼玉縣信用金庫、川越市と協働して実施する。歴史的建造物に指定された建物の再生・利活用に向けて地域活性に結びつく事業を立ち上げ、持続可能な運営を目指す。

詳細・応募は次の通り。

https://enjoyworks.jp/news/9847

運営事務局は、エンジョイワークス/埼玉縣信用金庫/川越市
[ 2021年12月02日]
2021年12月2日の他のニュースを見る
不動産売買マッチングプラットフォーム開設 ESTERAS
「フラット35」12月・適用金利は据え置き 住金機構
企業の研修所をソーシャルアパートに再生 朝日建物管理など
不特法の電子取引サービスをランド・クリエイトに提供 タスキ
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 Jutaku-s.com