住まいのニュース

2021年10月27日

大東建託、11月から建築展を開催

 大東建託(東京都港区)は11月1日から、東京都江東区の情報発信施設「ROOFLAG(ルーフラッグ)賃貸住宅未来展示場」の1階アトリウムで、同施設の設計図面や各種建築模型を展示する「未来を覗く、大東建託の建築展〜Collaboration Projects〜」を開催する。設計を志す学生や建築に興味のある人に、未来の住まいのあり方について考える機会にしてもらうため。期間は22年3月末までを予定している。建築展では、ルーフラッグの特徴であるCLT材で組み上げられた大屋根部の設計図面や建築家とのコラボレーションで開発した賃貸住宅商品の建物模型も展示する。 [ 2021年10月27日]
2021年10月27日の他のニュースを見る
海外不動産の取引を通じ、開発途上国の教育支援 ビヨンドボーダーズ
東急、住まいと暮らしの無料相談窓口を2カ所開設
船橋の商業施設で環境問題の体験型教育イベント 三井不、京葉ガスなど
URとNTTドコモ、10月27〜28日にロボット配送で実証実験
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2022 Jutaku-s.com