住まいのニュース

2021年8月3日

不動産業、経産省のDX認定取得相次ぐ

 不動産企業による経済産業省のDX認定取得が相次いでいる。森ビルと森トラストが8月にDX認定を取得した。DX認定制度とは、「情報処理の促進に関する法律」に基づき、経営ビジョンの策定やDX戦略・体制の整備などを既に行い、DX推進の準備が整っている事業者を認定する制度。大手不動産では、4月に東急不動産ホールディングス、5月に三菱地所、6月に三井不動産が、それぞれが認定されている。  森ビルは、8月1日付で「DX認定事業者」の認定を取得した。同社は、今年4月には、都市のデジタルプラットフォーム(都市OS)となる「ヒルズネットワーク」を開発・導入した。都市のDXの推進を通じて、より便利で、より豊かな都市生活・顧客体験の提供を加速させている。「ヒルズネットワーク」に代表される同社の「DX推進」の取り組みについて、経済産業省が定めた認定基準を満たすことや、ステークホルダーに対して適切な情報開示が行われていることなどが評価された。  一方、森トラストは、8月2日に「DX認定企業」に認定された。同社の取り組みが認定基準を満たし、適切な情報開示を行っていることなどから認定取得に至った。  同社は19年5月に「デジタルデザイン室」を新設し、業務プロセスの可視化・データ連携を実現する基盤によって継続的な業務改善を推進するなど、個人や組織のパフォーマンスを最大化させる仕組みづくりや、デジタル・データリテラシーの向上を進めてきた。更に21年3月には、新たに「DX 戦略」を策定し、全社的なDXを推進している。  同社は、引き続きコーポレートスローガン「Create the Future」のもと「DX 戦略」を推進し、データとデジタル技術を活用することで、既存ビジネスの価値を再構築し、新たな価値やサービスを提供する方針だ。 [ 2021年08月03日]
2021年8月3日の他のニュースを見る
8月の「フラット35」適用金利発表 住金機構
日管協、家賃債務保証業者向け 契約モデル書式集
広島市中区で物流施設開発、庫内就労者の健康に配慮 日本GLP
いえらぶGROUP 事業拡大で大阪支社を移転
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2021 Jutaku-s.com