住まいのニュース

2021年8月3日

広島市中区で物流施設開発、庫内就労者の健康に配慮 日本GLP

 日本GLPは来年1月、広島市中区でマルチテナント型物流施設「GLP広島2」を着工する。竣工は23年1月を予定。  同施設は建築家で千葉大学予防医学センター特任准教授の原裕介氏の監修のもと、庫内就労者の健康に配慮するのが特徴。快適性と生産性を高める就業環境整備を計画している。  開発地は広島県広島市中区江波南2丁目1461番1。交通アクセス・立地は山陽自動車道「宮島スマートIC」から約16キロ、広島高速3号線「吉島IC」から約2キロ、広島港から約4キロ。構造は耐震造の5階建て(1〜4階が倉庫、5階は休憩所)。敷地面積は約2万3000平方メートル、延べ床面積は約5万平方メートルとなる。 [ 2021年08月03日]
2021年8月3日の他のニュースを見る
不動産業、経産省のDX認定取得相次ぐ
8月の「フラット35」適用金利発表 住金機構
日管協、家賃債務保証業者向け 契約モデル書式集
いえらぶGROUP 事業拡大で大阪支社を移転
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2021 Jutaku-s.com