住まいのニュース

2021年6月10日

BIM導入メリット提案、5件を採択 国交省

 国土交通省は、21年度「BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業(パートナー事業者型)」において、5件の採択提案が決定したことを発表した。学識経験者等による評価を踏まえた審査の結果によるもの。  なお、このうち2件は、別途募集を行った「先導事業者型」の提案で採択に至らなかったものの中から、評価委員会で一定の評価を得た上、パートナー事業者としての事業実施に同意が得られたものを採択した。  採択された事業者は、鹿島建設、明豊ファシリティワークス、東急建設、大成建設、東洋建設。採択提案は「BIMを活用した建物ライフサイクル情報管理とデジタルツイン及びソフトウェアエコシステムによる支援の検証」(鹿島建設)など。 [ 2021年06月10日]
2021年6月10日の他のニュースを見る
5月中古マンション成約数、大幅増に コロナ禍の反動で 東日本レインズ
NTT都市開発 大阪市西区でホテル開発着手
東京都 空き家発生の抑制対策として2件の民間事業者を採択
賃貸住宅管理業法対応でメンテナンス業務管理システム更新 BPM
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2021 Jutaku-s.com