住まいのニュース

2021年5月7日

京阪神圏で下落 不動産価格指数・21年1月

 国土交通省は4月30日、21年1月の不動産価格指数(住宅、季節調整値)を公表した。10年平均を100とした全国住宅総合指数は117.1で、前月比は0.1%増、前年同月比は4.2%増。  内訳を見ると、住宅地については前月比0.4%減の102.1、戸建て住宅は同0.8%減の102.3、マンションは同0.3%減の157.0。いずれも前月までの増加から減少に転じている。  圏域別(三大都市圏)の総合指数を見ると、南関東圏は120.9(前月比1.3%増)、名古屋圏は112.1(同1.7%増)、京阪神圏は119.4(同1.5%減)。内訳では、住宅地は南関東圏と名古屋圏でプラスになったのに対し、戸建て住宅は全圏域でマイナス。マンションは京阪神圏でマイナスとなっており、京阪神圏における価格指数の下落が見受けられる結果となった。 [ 2021年05月07日]
2021年5月7日の他のニュースを見る
JR九州 物流不動産事業に参入、福岡県粕屋町の物件取得で
飲食店舗等向けの「抗ウイルス卓上ボード」発売 関西ペイント
一条工務店 バーチャルモデルハウス「WEB展示場」オープン
暗号資産で家賃の支払い可能なシステム開発 レーサム
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2021 Jutaku-s.com