住まいのニュース

2021年5月7日

暗号資産で家賃の支払い可能なシステム開発 レーサム

 レーサムは、暗号資産で家賃の支払いを受け付けるサービス「CryptoResidence」を21年4月28日に開発し、同時に受付ウェブサイトを開設した。日々変動する為替レートをリアルタイムに反映し、その瞬間のレートで支払いができる。法定通貨の日本円でも支払いはできる。当面、暗号資産は「ビットコイン」だけとし、今後は対応する暗号資産を拡充する。  第一弾として、フルリノベーション物件で全7戸の高級賃貸物件「プレミアムレジデンス白金長者丸」(東京都品川区)の家賃の支払いで対応する。銀行口座の開設に比べて暗号資産の通貨取引所のアカウントは取得しやすく、高額の支払いや、訪日して間もない外国人、主な国の法定通貨との直接の両替、24時間オンラインで対応する利便性を訴求していく。 [ 2021年05月07日]
2021年5月7日の他のニュースを見る
京阪神圏で下落 不動産価格指数・21年1月
JR九州 物流不動産事業に参入、福岡県粕屋町の物件取得で
飲食店舗等向けの「抗ウイルス卓上ボード」発売 関西ペイント
一条工務店 バーチャルモデルハウス「WEB展示場」オープン
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2021 Jutaku-s.com