住まいのニュース

2021年4月30日

JR東日本 不動産投資顧問会社を設立、リート組成の検討も

 JR東日本は4月28日、ジェイアール東日本ビルディング、みずほフィナンシャルグループと共に、不動産アセットマネジメント事業の開始に向けて「JR東日本投資顧問株式会社」を設立した。  新会社の資本金は3億円。株式比率はJR東日本が50.2%、ジェイアール東日本ビルディングが40.0%、みずほ銀行が4.9%、みずほ信託銀行が4.9%となる。  JR東日本は投資顧問会社の設立により、ファンドに同社グループの開発・所有物件を組み入れる。獲得した資金を成長分野に再投資し、資金効率を向上させる方針だ。また、同社はみずほFGと連携して私募ファンドの組成・運用を行っているが、今後は新会社の事業展開を通じて私募ファンド組成を加速化させ、数年後には1000億円規模への拡大を目指す。同時に不動産投資法人「(仮)JR東日本リート」の組成も検討していく。 [ 2021年04月30日]
2021年4月30日の他のニュースを見る
西武鉄道、西武プロパ ひばりヶ丘駅ナカ商業施設を今夏拡大
太陽光発電、設置者の9割が「満足」 一条工務店調べ
オリックス不 賃貸マンション「ベールファース岩本町」入居開始
天井設置マイクサービスで集音の優先・除外の新機能 ゼンハイザー
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2021 Jutaku-s.com