住まいのニュース

2021年4月19日

SDGsの観点から高知県に「企業版ふるさと納税」 プロパティA

 投資用マンションの開発や販売、管理を手掛けるプロパティエージェント(東京都新宿区、中西聖社長)は4月1日、高知県に“企業版ふるさと納税”(「ふるさと高知 応援企業」)として寄付を行ったと発表した。  同社は「持続可能な地域の未来を実現する活動として、SDGsに基づく地方創成という観点から実施したもの」と趣旨を説明。寄付は2月に実施し、同県の「まち・ひと・しごと創成総合戦略」におけるIT・コンテンツ産業人材の育成・確保事業に利用される。 [ 2021年04月19日]
2021年4月19日の他のニュースを見る
システムバスルーム商品を刷新、リラックス効果を追求 LIXIL
長谷工不動産 賃貸マンションに新たなコロナ感染症対策実施
入居審査と入居申込システムを連携 IRIS・ビジュアルリサーチ
リノベる 本社地下にモノづくりスペース
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2021 Jutaku-s.com