住まいのニュース

2020年10月27日

保有する老人保健施設を不特法で投資商品化へ トラストHD

 グループで駐車場や不動産、警備事業を展開するトラストホールディングス(福岡県福岡市)のいずれも連結子会社で、物件賃貸など医療設備を提供するトラストメディカルサポート(同住所)は10月23日、駐車場小口投資商品提供のトラストアセットパートナーズ(同住所)に、老人保健施設(福岡県北九州市)の土地と建物を譲渡した。同施設は、グループとしての資産の効率的な運用の観点で、不動産特定共同事業法に基づく不動産投資商品として販売する。  不動産投資商品化する物件の規模は、S造2階建て延べ約1975平方メートル、S造3階建て延べ約1658平方メートルの2棟で構成する。所在地は北九州市小倉北区都2の1862の5ほかの敷地約3388平方メートル。 [ 2020年10月27日]
2020年10月27日の他のニュースを見る
日鉄興和不動産と埼玉工場跡地活用で借地権契約 丸藤シートパイル
ワークスペースなど多用途対応設計の木造2階住宅販売 パナソニック
大京、穴吹工務店が高層ZEH-M支援事業に5物件採択
名古屋駅近く「名古屋支店」を大和ハウスへ売却  第三銀行
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2020 Jutaku-s.com