住まいのニュース

2020年8月4日

介護施設を「多世代型シェアハウス」に転用 Hidamari

 シェアハウス事業を展開するHidamari(熊本県熊本市)は、神奈川・茅ケ崎の往診・訪問看護「おざさ医院」の協力でクリニックの隣で運営していた介護施設を、若者から高齢者までが住める「多世代共生型シェアハウスひだまり・辻堂」としてリニューアルした。  高齢者は体調不良の場合に隣接のクリニックで安心でき、若者の居住者は世代を超えて様々な価値観などと交わる機会を得られる。所在地は神奈川県茅ケ崎市菱沼1丁目地内。 [ 2020年08月04日]
2020年8月4日の他のニュースを見る
住友不「有明ガーデン」、8月1日にまちびらき
住林子会社、AI採用の設計支援システム
外壁ドローン点検技術開発拡充に1億円調達 ドローンパイロット
部屋探しの検討者と家主を直接つなげるアプリ開設 アロングウィズ
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2020 Jutaku-s.com