住まいのニュース

2020年8月4日

外壁ドローン点検技術開発拡充に1億円調達 ドローンパイロット

 ドローンパイロットエージェンシー(東京都中央区)は、1億円を資金調達した。ドローンで建物の外壁を撮影した動画から自動でクラックを検出するサービス(現在はベータ版)の機能拡張や精度向上のために活用する。今後、クラックの幅や長さなどをAI(人工知能)で認識・表示して外壁の浮きも検知できるようにする。  資金は、カクイチ(東京都千代田区)と、サイバーエージェント・キャピタル(東京都渋谷区)の運営ファンドを引受先とする第三者割当増資で調達した。 [ 2020年08月04日]
2020年8月4日の他のニュースを見る
住友不「有明ガーデン」、8月1日にまちびらき
住林子会社、AI採用の設計支援システム
介護施設を「多世代型シェアハウス」に転用 Hidamari
部屋探しの検討者と家主を直接つなげるアプリ開設 アロングウィズ
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2020 Jutaku-s.com