住まいのニュース

2020年7月31日

競売不動産取扱主任者試験、8月1日に出願受け付け開始

 不動産競売流通協会(東京都港区、青山一広代表理事)は8月1日、20年度競売不動産取扱主任者試験の受験申し込み受け付けを開始する。  同試験は不動産競売の専門家として、一般消費者に不動産競売のアドバイスとサポートのできる不動産のプロ「競売不動産取扱主任者」として必要な知識を身につけるもの。10回目を迎える今回は、新型コロナウイルス感染症による現在の状況変化を踏まえ、「3つの密」回避のため、全国14都市の全会場で定員の半分以下に抑えて開催する。  試験日時は12月13日の午後2時〜4時。試験案内の配布および試験申し込みは10月31日まで。受験費用は9700円(税込)。国の要請等により試験が中止となった場合は、手数料300円を引いた9400円を返金する。  詳細は同協会ホームページ(https://fkr.or.jp/certification/)を参照のこと。 [ 2020年07月31日]
2020年7月31日の他のニュースを見る
厚木市内の「旧生産拠点」を売却へ 菓子メーカーの中村屋
名古屋の「ホテル」と全国の「賃貸レジデンス」売却 レオパレス21
「GLP名古屋守山」を開発 名古屋市内陸部のマルチ物件 日本GLP
ヒューリック、東京・両国でPPP事業によるホテル11月開業
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2020 Jutaku-s.com