住まいのニュース

2020年6月30日

三井不、台湾・台中市初のリージョナル型SC着工

 三井不動産は、台湾・台中市初進出となる商業施設「(仮称)三井ショッピングパーク ららぽーと台中」を6月24日に着工した。22年の開業を予定。同プロジェクトは、台中駅から徒歩6分の市街地に、2敷地に、店舗数約270店舗、店舗面積約6万8000平方メートルの広域を商圏とする台中市初のリージョナル型ショッピングセンターとなる。開業は22年秋を予定。 [ 2020年06月30日]
2020年6月30日の他のニュースを見る
東急不、札幌・すすきので複合開発に着手
大分市内の「ホームセンター」取得 福岡リート投資法人
東京・大井町のレジデンス取得 日本アコモデーションファンド
大阪のホテルをサービスオフィスなどに用途転換へ 投資法人みらい
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2020 Jutaku-s.com