住まいのニュース

2020年6月30日

大阪のホテルをサービスオフィスなどに用途転換へ 投資法人みらい

 三井物産・イデラパートナーズ(東京都千代田区)を資産運用会社とする投資法人みらいは、旧・ホテルWBF淀屋橋南(大阪市中央区)の名称を「MiiX(ミックス)淀屋橋」に変更し、「セットアップ型サービスオフィス」に用途転換する。サービスオフィスとセットアップオフィスや、入居者同士のビジネスチャンスをミックス(融合)させた資産運用により不動産価値を高める。7月にコンバージョンに着手し、同年夏にテナント募集業務などを始める。  総合プロデュースをイデラキャピタルマネジメント(東京都港区)が担当し、コンバージョンは21年1月に完了する予定。前テナントのWBFホテル&リゾーツ(大阪市北区)がコロナ禍の影響による民事再生法の適用を受け、賃貸借契約が終了し、跡活用を検討してきた。大阪中心部のオフィス床の不足感や、コロナ禍環境での企業のBCP(事業継続性)やテレワーク対応のサテライト・サービスオフィス需要を見込み、用途転換を決めた。 [ 2020年06月30日]
2020年6月30日の他のニュースを見る
三井不、台湾・台中市初のリージョナル型SC着工
東急不、札幌・すすきので複合開発に着手
大分市内の「ホームセンター」取得 福岡リート投資法人
東京・大井町のレジデンス取得 日本アコモデーションファンド
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2020 Jutaku-s.com