住まいのニュース

2020年6月29日

新プロジェクト「食寝働分離」住宅を展開へ ドラフト

 インテリアや建築デザインなどを手掛けるドラフト(東京都渋谷区)は、新たなプロジェクトとして「食寝働分離」住宅事業の展開を始める。試行物件として東京・青葉台の物件を取得してリノベーションし、8月に賃貸を開始する。  テレワークなどが広がる中で、「食べる」「寝る」「働く」の生活の3つの柱をきちんと分けた新しい住居を提案するという。専門事業者と連携して企画からデザイン、設計、施工をパッケージ化したブランドで展開していく考え。  試行物件は6月下旬に取得契約を締結する予定。建物規模はRC地下1階地上3階建て延べ約561平方メートル。所在地は東京都目黒区青葉台1の266の19、敷地約349平方メートル。 [ 2020年06月29日]
2020年6月29日の他のニュースを見る
千葉・山武郡の「物流施設」を取得 ユナイテッド・アーバン投資法人
地所、東京・北青山で複合ビル竣工
AIドローン融合サービスで提携 コムチュア・センシンロボティクス
デジタル南京錠で実証実験を開始 あなぶきグループ・KEYes
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2020 Jutaku-s.com