住まいのニュース

2020年5月22日

NTT都市開発、米国ニューヨークで複合開発事業に参画

 NTT都市開発は、米国・ニューヨークで賃貸住宅と商業施設の複合開発に参画する。同社として、海外では初めての複合開発事業。「120 5th Avenue」は、低層高級住宅が連なるパークスロープに位置し、マンハッタンへのアクセスも充実している。また、同物件の立地は、パークスロープの中でも、ポテンシャルの高い商業エリアとなっている。21年11月に着工、24年1月に竣工する予定だ。  同社が米国子会社を通じて参画するのは、現地企業と共同でニューヨーク市ブルックリン区における複合開発事業。同物件は、地上6階地下1階建ての建物で、地下1階〜地上1階に商業施設、2〜6階に賃貸住宅(160戸)を計画している。 [ 2020年05月22日]
2020年5月22日の他のニュースを見る
タカラレーベンG、仙台で分譲141戸
東京23区の4月新築分譲マンション供給8区のみ マーキュリー調べ
テレワークで「通勤時間短くしたい」と意識変化 学情調べ
シリンダー交換クラウド管理スマートロック発売 構造計画研究所
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2020 Jutaku-s.com