住まいのニュース

2020年1月10日

バーチャル展示場でトヨタホーム愛知の住宅の取扱開始 日本ユニシス

 日本ユニシスは1月9日、同社が展開するVRを活用したバーチャル住宅展示場「MY HOME MARKET(マイホームマーケット)」(https://myhomemarket.jp/)で、トヨタホーム愛知の住宅「D+(ディープラス)」の取り扱いを開始したと発表した。  「マイホームマーケット」はスマートフォンやパソコンで内覧ができ、価格の見積もりもできるサービス。従来は10回以上になることも多かった営業担当者との打ち合わせが2、3回で終わらせることができ、ハウスメーカー従業員の働き方改革にも貢献する。  「D+」はトヨタホームの60年長期保証と鉄骨ラーメン構造による「災害に強い家」という2つの特徴に、トヨタホーム愛知オリジナルの上質なインテリア、デザイン性の高い外壁タイルなどを加味。全館空調のスマートエアーズやカセットボンベで発電ができるエネポなど、快適性や非常時対応などを追求している。 [ 2020年01月10日]
2020年1月10日の他のニュースを見る
アルヒ じぶん銀行の住宅ローン取り扱い開始
合格点は37点、合格者は16人増 19年度マン管試験
五輪開催期間に合わせて「スーパーテレワーク」実施 大和ハウス工業
6月のインカム収益率、大阪でやや上昇 都心・大阪のオフィス投資
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2020 Jutaku-s.com