住まいのニュース

2019年12月2日

リビンテクノとクラッソーネが業務提携 空き家の解体をサポート

 不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営するリビン・テクノロジーズと解体工事会社と施主をマッチングする一括見守りサービス「くらそうね解体」を運営する株式会社クラッソーネは12月2日、業務提携を発表した。空き家や古家付き土地の売却を検討する所有者に対して、家屋の解体支援を目的とするもの。  この提携により、不動産売却を目的とする売主が「リビンマッチ 不動産売却」の申し込みフォームに入力する際に、同時に解体工事の査定を依頼することができるようになり、ユーザーの利便性が向上する。 [ 2019年12月02日]
2019年12月2日の他のニュースを見る
八丁堀で旗艦ブランドホテル「日和」を開業 サンフロンティア不G
物流施設新規需要、東京圏で初の100万平米超え 一五不情報S調べ
18年の屋上緑化、商業施設が初めて全体の2割超に 国交省調べ
横浜市と三井不動産がクルーズ客船に関する連携協定を締結
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 Jutaku-s.com