住まいのニュース

2019年9月12日

「住まいのリフォームコンクール」27件の受賞作品決定

 住宅リフォーム・紛争処理支援センターの主催する「住まいのリフォームコンクール」の受賞者が、9月10日に発表された。住宅リフォームの普及促進とリフォームの水準向上を目的として毎年行われているもので、今回は36回目。  応募件数は「住宅リフォーム部門」が397件、「コンバージョン部門」が33件。「国土交通大臣賞」をはじめ特別賞受賞作品は5件で、「優秀賞」には「住宅リフォーム部門」から19件、「コンバージョン部門」から3件が選ばれた。10月24日に都内で表彰式が開かれ、特別賞作品の発表会も行われる。  各特別賞の受賞作品名、応募者および物件所在地は以下の通り。  【国土交通大臣賞】「浦和の家〜全室床暖房のある可変する終の棲家」マスタープラン一級建築士事務所/埼玉県さいたま市▽【住宅金融支援機構理事長賞】「耳が遠くなった母の為の『QOL向上リフォーム』」育暮家ハイホームス/静岡県焼津市▽【住宅リフォーム・紛争処理支援センター理事長賞】「アトリエのある家[河北町]―ストックの再生が地域を変えていく―」結設計工房/山形県西村山郡河北町▽【住宅リフォーム推進協議会会長賞】「自然をコントロールする家」喜多ハウジング/石川県金沢市▽【住宅瑕疵担保責任保険協会会長賞】「若い僕らも老後は心配―性能向上リノベーションしました!―」アルティザン建築工房/北海道札幌市 [ 2019年09月12日]
2019年9月12日の他のニュースを見る
新たに「名古屋オフィス」を開設 リビン・テクノロジーズ
山口県長門市と林業成長産業化で協定締結 住友林業
建築士学科試験、一級は受験者減、木造は受験者・合格者共に増加
横浜市、台風15号の影響に伴う特別経営相談窓口を設置
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright:(C) 2019 Jutaku-s.com